スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小林てるよ号」に改装

014年 10月 17日(金) はれ

 朝の冷え込み増してきました。
 今朝も定例の「西大寺駅南口」宣伝。
 早朝駅宣伝の日は、自宅を6時20分ごろ出ます。車のフロントガラスは真っ白になっています。冬になれば、カチンコチンに凍りますから大変です。
 今朝も冷え込みがきびしかった。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「松岡かつひこ号」(ホンダ「フィット」3)が、装いを変えました。
 「小林てるよ号」。
 結構注目されています。駐車場に停めているときはもちろん、走行中でも他のドライバーが横目で見ていってくれます。
 まぁ、それだけに「マナー向上運転」が欠かせません。

 来年4月の「いっせい地方選挙」=奈良市では県会議員選挙=の投票日が、4月12日と発表されました。あと6カ月を切りました。
 「小林てるよ号」で駆け抜けていきたいと思います。

DSCF9939.jpg

DSCF9937.jpg
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この間取り組んできました「暮らしのアンケート」。
 3100通を超える返送がされています。その一枚一枚に切実な声とともに、強い願い・要望がぎっしりと書きもまれています。
 過日、ブログでも紹介した「横断歩道の表示が消えています。きちんと線を引いてほしい」というのもその一つ。
 このほど、関係機関に「要望書」を提出することになりました。
 小林てるよ県議を先頭に実現に向けて頑張りたいと思います。

 要望書提出の日程は以下のとおりです。 
 ■ 奈良県  10月20日(月)11時30分から
 ■ 奈良土木 10月28日(火) 午前中(時間は未定) 
 ■ 近鉄    11月10日(月)10時~(近鉄「橿原駅」で行います)
 ※ 奈良交通・奈良市にも「要望書」を提出する予定ですが、日程は決まっていません。 
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流  

 空約束とはこのことです。小渕優子経産相が先月、川内(せんだい)原発の再稼働に関する政府方針を鹿児島県に伝えた文書にこうあります。「(再稼働への不安の声がある)現状から決して逃げるのではなく、正面から向き合い…丁寧に説明を尽くしてまいります」。
 再稼働の前提となる規制基準を川内原発が満たしたとする審査結果の住民説明会が周辺5カ所で開かれています。開かれた所では、どこでも不安や批判が噴出しています。説明者が「絶対安全はない」というと、住民から「だったら動かすな」と声が上がりました。
 「避難計画を再稼働の条件にするべきだ」という要求や、「重大事故が起きれば、住民は生存権、居住権が奪われる危険がある。絶対安全を求めるのは当たり前」の声。説明会に参加し「かえって不安になった」という感想までありました。
 主催は県などですが、説明者は原子力規制委員会の事務局である原子力規制庁職員です。規制委の田中俊一委員長は一昨日、“コミュニケーション不足との批判があるが”という質問にこう答えました。
 「われわれがやっているのは科学技術的な審査。(説明会は)30分で質疑が終わったというけれども…安全に対する不安とかですので、議論、コミュニケーションというレベルには達しないのですよ」。安全に対する住民の不安を切って捨てる態度です。
 説明会の会場では質問を遮ったり、打ち切ったりする例も。安倍政権がいう「丁寧に説明を尽くす」との正体が、ここにも現れています。                                         
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 9月議会では、宮本次郎議員が
 1、一般会計補正予算案
 2、住民基本台帳法施行条例の一部を改正する条例
 3、奈良県認定こども園の認定の要件に関する条例の一部を改正する条例 
 4、奈良県幼保連携型認定こども園の学級の編制、職員、設備及び運営に関する条例
 5、奈良県児童福祉施設の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例 
 と
 諮問 「行政財産を使用する権利に関する処分に対する異議申し立てについて」
 の5議案と諮問一件に反対する討論をしました。

 また、次の3つの意見書が採択されました。
1,ブラックバイトの根絶へ向けての政府の取り組みを求める意見書
2,ヘイト・スピーチ(憎悪表現)に反対しその根絶のため法規制を求める意見書
3、「危険ドラック(脱法ハーブ)」の根絶に向けた総合的な対策の強化を求める

 今井光子議員が「ブラックバイトの根絶へ向けて政府の取り組みを求める
 意見書の提案をしました。

   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"

笑いが絶えない「控室」

014年 10月 16日(木) はれ

「水が出ない~~~~~」。

市役所控室に「洗面台」があります。
普段は、そこの水を使ってお茶を沸かし(電気ポットで)たり、コーヒーを入れたり・・・・。重宝します。
事務の方が 「あら?。水が・・・・・」。
同僚がすぐに「企業局」(水道局)に電話します。
「あの~~~~。水が出ないのですが・・・・」。
「ご住所は?」。
「市役所ですが・・・・・」。
「はい?。『断水している』という連絡がありませんが・・・・・・」。

何を言っているのでしょう。そんな時は「議会事務局」に連絡でしょう・・・。
(原因は「議会棟の水道管の補修」でした。それも数分の・・・・・・・)

ひとしきり控室で笑い声が途切れませんでした。

DSCF9936.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流  

 何年か前に「野菜がよろこぶモーツァルト」と銘打ったCDが売り出されたことがあります。癒やし効果が高く、人間ばかりか植物にも聞かせて、成長や熟成を促すというもの。
 15日付の日本農業新聞の記事を読んで思い出しました。岐阜県本巣(もとす)市で柿の選果場にモーツァルトなどのクラシック音楽を流し、柿のストレスを軽減する試みが始まりました。リラックス効果で柿の品質や作業効率の向上をめざすそうです。
 “モーツァルト効果”は以前からいわれてきました。いわく頭が良くなる、胎教にいい、農作物がおいしくなる。真偽のほどは定かではありませんが、神経が休まるという人は多い。そのモーツァルトの旋律に導かれた映画が岩波ホールで公開されています。
 「ミンヨン 倍音の法則」。基になる音に重なり、かすかに響く倍音。音がふくらみ、音色を奏でます。映画では倍音は「どこで切ってもまたつながる円」に例えられます。
 主人公はソウルの女子大生ミンヨン。日本語も英語も堪能で三つの言葉がハーモニーとなり、夢のような世界にいざなわれていきます。韓国から日本、そして戦時中へ。統制下で苦難にあいながら、音楽に支えられ人間らしく生きようとする姿が描かれます。
 飛躍する画面から何をくみとるか。見る側の感性が試されるような作品。歴史とは過去ではなく、現在であり、未来でもある―。そんな佐々木昭一郎監督のメッセージが余韻になって。秋の夜長。今宵(こよい)はモーツァルトでも聴きながら。                                        
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 今日まで「9月議会決算委員会」です。
 連日の委員会・・・・。しかし、皆さんの声をしっかりと議会に届けたいと思います。
   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"

田んぼに「レンゲ」

014年 10月 15日(水) はれ

 ほとんどの地域で稲刈りが終わりました。
 台風19号の接近に備えるということもあったのでしょうか・・・・。
 
 稲刈りの後の「田んぼ」あちこちで見かけます。
 そいうや、春になって田んぼのレンゲの花をあまり見かけなくなりました。
 
 レンゲの花を咲かせるのは、意味があります。もちろん、レンゲの種をまきますが、レンゲの根の部分には「チッソ」を蓄える菌が寄生しており、田んぼを肥やすのに不可欠ということからなのだそうです。
 先人たちの知恵はすごい。今は、化学肥料が普及しているから必要ないのだそうだ・・・・。

 やはり、田んぼに「レンゲ」。風物詩と思うのですが・・・・・。 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流  

 17歳のマララさんらに決まった今年のノーベル平和賞。日本の憲法9条をはじめ過去最多となる278の個人・団体が推薦されたなかに、エドワード・スノーデン氏の名前がありました米国政府の情報収集活動にかかわり、それを暴露した人物。
 推薦したノルウェーの国会議員は、彼の勇気ある告発が公の論議を巻き起こし、政策の変更によって「より安定した平和な世界秩序に貢献した」と理由を語っています。
 スノーデン氏は中央情報局(CIA)と国家安全保障局(NSA)の元職員でした。“すべてを収集する”というスローガンのもとで市民を監視し、世界中の通話や電子メールを傍受する日々。生々しい実態を白日の下にさらしました。
 その闇が日本にも広がろうとしています。安倍政権は秘密保護法の運用基準を定め、12月10日から施行することを決めました。秘密の対象を列挙し、チェック機関を新設。国民の知る権利を尊重し、報道の自由にも配慮した、と。
 しかし、この法の本質は何ら変わりません。政府の都合によって集めた情報を隠し、それを漏らした者に厳罰を下す。安全保障の名目で秘密はどこまでも拡大し、チェック機関の独立性も保てない。暗黒の社会に道を開くだけです。
 権力によって日常の生活が監視され、知ることや自由を奪われる。9条をなくし、戦争への道と一体になった法の運用。日本をそんな国にしてもいいのか―。官邸前にひびく秘密保護法反対の声。廃止に追い込むまでたたかいはつづきます                                       
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 台風19号は東北へ。台風一過、気温が随分下がりました。
 台風の被害はほとんどなく、幸いでした。
 
 定例の学園前の宣伝。
 駅頭の看板、県会選挙勝利をめざして、私の「小林てるよ」のみの看板になりました。

 「小林てるよ」議会報告ニュースをみなさんが配ってくださいました。

o0461034613098177058[1]
   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"

台風一過・・・・・定例の団会議

014年 10月 14日(火) くもり 

 台風一過、「爽やかな秋晴れ」を期待しましたが、雲が広がり、むしろ肌寒い。
 朝、半そでのシャツで家を出ましたから、空気が冷たい。

 昨日の台風では、全国的に大きな被害をもたらしました。
 奈良市では幸いなことに倒木・ブロック塀の被害が数件あったものの、「人的被害」が報告されていません。良かったです。
 昨日のブログでも紹介しましたが、昼過ぎに役所に詰め、深夜23時30分~日付が変わる頃まで任務にあたってくれていました。避難所では、2か所、今朝まで開設していただいたとのことです。
 お疲れ様です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 定例の団会議です。
 団会議の冒頭に行う「学習」。「綱領教室」(●著書 志位和夫 =新日本出版社)を学びます。
 昨年11月から始めた「綱領教室」学習。第1巻は今年6月までかかりました。
 第2巻に入ったのは7月14日。そして、8月25日以降は9月議会の対応のために中断していましたが、再開することに。
 市議7人が順番で「輪読」をし、感想を出し合う方式で進めます。

 新たな発見がある「学習」。有意義な取り組みだと思います。

DSCF9935.jpg

DSCF9934.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流  

 「(自衛隊初の)独立した『情報機関らしい組織』がスタートした歴史的瞬間」―。国民監視活動が批判されている自衛隊情報保全隊の前身である調査隊が発足したのは1952年。設立に関わった自衛隊元幹部の松本重夫氏は、「情報戦」を回想した著書で、こう述べています。
 モデルは当時の米陸軍情報部(CIC)です。この情報機関を参考に「情報の長期収集の努力の累積によって任務を遂行」(松本氏)する組織をめざしました。悪(あ)しき“伝統”は今も変わりません。
 日本共産党が2007年に告発した陸上自衛隊情報保全隊(当時)の国民監視活動をまとめた内部文書で、そのことが明るみに。イラク派兵反対から春闘まで、広範かつ長期にわたって市民の運動を監視していたのです。
 内部文書に記載された東北地方の市民たちが、監視差し止めを求めた訴訟の控訴審が仙台高裁で審理中です。6日には、陸自の司令部である陸上幕僚監部の元情報保全室長が証言。「(情報保全隊に)情報収集項目を与えていた」と認めました。
 平和と民主主義を守る市民の行動を「反自衛隊活動」と敵視し、組織をあげて監視を続け、情報を集積する。民主主義のもとで絶対に許されません。
 秘密保護法、集団的自衛権行使容認…。歴史の歯車を逆回転させる動きと、国民監視の強化は一体です。控訴審は来春にも結審の予定。国民監視を違法とした一審に引き続き、司法の良識を発揮させよう。原告団・弁護団、支援者の訴えに一段と熱がこもります。  
                                     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 三連休の最後の日。大型で強い台風のニュースが連続してテレビから流れていました。日本列島を縦断するようです。
 私は、この連休中は16日まで続く決算委員会の質問準備に集中しようときめていましたので、朝から事務所に出かけました。

 明日から3日間、5~8項目の質問がありますので、それをまとめるための準備にはやっぱり時間がかかります。
 夕方近くになって風はそれほどではありませんが、強い雨がふってきました。

 大雨による土砂災害、火山噴火による災害、台風による冠水・浸水・・・と続く災害に防災対策・備えを強めなければならないと・・・
 これからの防災対策は、これまで経験したことのない事態への対応が求められています。 

o0461034613003235460[1]
   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"

台風19号

014年 10月 13日(月・祝) くもり のち あめ(台風19号の影響) 

large[1]                                                                             ● 台風19号の進路図(「tenki.jp」より=12日午後10時現在)

 台風19号が直撃です。猛烈な風・雨・・・・。10年前の大被害をもたらした台風と同じコースを進むと言われています。
 最近の異常気象と相まって、各地で大きな被害が出ています。奈良での被害が出ないか心配です。
 JR線は午後4時23分大阪駅発環状線を最後に京阪神地域「全線運休」(開業以来初だそうです)になるなど、早くから対応に追われています。

 市役所の職員も早くから「役所待機」の体制をとってくれています。
 もともと15時ごろの”召集予定”でしたが、13時までには役所に詰めました。
 親友の「●」君も早くから準備をします。
 「警報」が出された時の公務員には、本当に頭が下がります。心から敬意を表したいと思います。自身の体も大切にしながら、任務にあたってほしいと思います。

 日本共産党奈良市後援会が計画していた、山添村「神野山ハイキング」は延期(10月21日)になりました。 
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 主張 

 企業の政治献金への関与再開を決めた経団連(榊原定征(さだゆき)会長)が、政党の政策や実績を評価した「政策評価」を発表しました。経団連会員の大企業や業界団体に企業献金を促す「参考」にするのが目的です。点数やランクで評価する通信簿方式は見送ったものの、自民党と公明党の与党を高く評価しているのが特徴です。経団連が評価の対象にしたのは法人税の減税や原発の再稼働であり、財界・大企業がなにを狙って献金を拡大しようとしているのかを浮き彫りにしています。
 経団連はかつて会員の企業や業界団体に目標額を示して企業献金をあっせんしたこともありました。金権腐敗政治の温床になるとの批判で中止し、政党の評価を通信簿方式で評価して献金を促進するやり方も、5年前からやめています。今年6月榊原氏が会長になり、献金への関与を再開したのは、政治との連携を強化するというふれこみです。
 政党の政策評価はその一環です。財界の要求に照らして政党の政策や実績を評価し、それを「参考」に献金を促進するというのは、まさに経団連の献金関与が「政策を金で買う」買収だということを浮き彫りにしています。
 重大なのは今回の政策評価の中身です。評価は、経団連が今年の事業方針で示した項目にそって各政党の実績などを見たものです。自民党については法人税の減税で「法人実効税率を20%台まで引き下げる」としていることや、原発の再稼働を「明言している」ことを評価の対象にあげています。消費税についても8%に引き上げたことを評価し、10%への着実な引き上げを課題としています。公明党についても、成長戦略で「経済の好循環」に取り組んでいることなどを評価しています。
 総じて「自由民主党を中心とする与党は、日本経済の再興に向けた政策を着実に実行に移しており、高く評価できる」というのが経団連の判断です。あけすけにいえば、安心して献金を増やしてほしいということです。野党については民主、維新、次世代、みんな、生活を取り上げていますが、日本共産党は対象外です。日本共産党が財界と腐れ縁のない政党であることを浮き彫りにするものです。
 法人税の減税や消費税の増税、原発の再稼働などは財界・大企業の強い要求ですが、国民の多数は支持していません。それどころか今年4月からの消費税増税が国民の暮らしも日本経済も痛めつけているのに、これ以上大企業の税金は負けてやり消費税を再増税するのかと、国民の怒りは噴出しています。経団連が政党の政策を評価し、財界の眼鏡にかなった政党には献金を増やすのは、大企業本位の政治のゆがみをますます激しくするものでしかありません。
出す側、もらう側中止を
 もともと政治の主権者でなく参政権がない企業が献金し、金の力で政治を左右するのは、国民の政治参加を邪魔するものでしかありません。経団連が献金への関与を再開し、自民党など与党がそれをもらい続けるのは、安倍政権に国民にまともな政治をする立場がないことを証明するものです。
 国民本位の政治のためには、企業献金を出す側も、もらう側も、直ちにやめることこそ不可欠です。 
                                     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 全駅一斉宣伝日の第2金曜日。本当に久しぶりに平城駅へ。
 駅に来てくださる予定だったIさんが昨夜倒れ、急遽私のリーフを配ることに・・
 小さな駅なので利用客は少ないが、リーフは良く受け取ってくれました。

o0461034613094876704[1]

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「がんと向き合う日」の今日。「がん検診を受けよう!」県民会議が県新公会堂で開かれました。
 総会前には、県議会がん対策推進議員連盟は、生駒市健康づくり推進委員、あけぼの会や看護学生、県の職員の皆さんと近鉄奈良駅前で街頭から「がん検診を受けましょう!」と呼びかけました。
   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。