スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活道路 「あやめ池疋田線」

014年 5月25日(日)はれ 

 午前中は、訪問・対話です。
 この時期は、訪問をしていても「花」がたくさん咲いていて、”ほんのり”します。
 あやめ池南に「アジアンショップ・チョータリー」という店があります。
 駐車場の看板の横で見かけました「ブラシの木」。オーストラリア原産だそうです。

DSCF9675.jpg

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 生活道路「あやめ池疋田線」が整備されています。
 今は、「永田眼科」の南側まで”完成”しています。供用はまだですが、もうすぐ完成しそうです。 
DSCF9677.jpg

DSCF9676.jpg

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    きょうの 潮流 

 世界保健機関が先日発表した長寿ランキングによると、日本が世界一です。統計は2012年時点のもので、日本人の平均寿命は女性が87歳で194カ国中トップ。男性は80歳で8位でした。
148064cc55a65e7a9a9050ef260ecf4b[1]
 世界の平均寿命は70歳ですから、私たちが暮らす国は長生きのお手本です。心も体も健やかに、明るく穏やかに年を重ねていく。人生の先輩が日々をはつらつと生きる姿は、あとにつづく世代を励まし勇気づけます。
 96歳で一人暮らしを楽しんでいる吉沢久子さんもそのひとりでしょう。最近、本紙日曜版で10年以上前から連載している「吉沢久子の四季折々」を一冊の本にまとめました。『いきいき96歳!』のタイトルから、もう元気が伝わってきます。
 生活評論家の吉沢さんは心ゆたかに日常を過ごします。食を大切に、好奇心を失わず、学ぶ意欲をもって。老いと向き合いながら、新しい自分を発見する毎日。「暮らしのなかにある小さな幸せを、きちんと感じたい」。
 生ある限り誰もが願う満たされた人生。しかし、いまの社会や政治がその思いをどれほど受けとめているか。若さに価値を求め、高齢を疎(うと)んじる風潮。生活から安心を奪う医療や介護、年金制度の崩壊。のしかかる増税。
 長生きを敵視するような発言をする人物が政権の中枢に座っているのですから、推して知るべし。「政治は人間の心をもっと大切にして、一人ひとりの思いに寄り添ってほしい」と吉沢さん。社会全体で長寿を喜べる社会になってこそ、世界一も輝くことでしょう。   
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部の呼びかけを受け「信多(太田)まち没10年追悼事業実行委員会」に参加しました。
 信多(太田)まちさんは、岡山県の出身。17歳の時大阪に出て、看護師の資格を取り、結核療養所などで働き、社会主義に目覚めていきます。
 1925年治安維持法が公布され、何度も検挙され拷問も受け、実刑もうけながら、労働組合の結成に協力したり、日本共産党の活動をつづけ、闘いぬきました。
 1945年敗戦により治安維持法廃止。
 戦後間もなく西大寺にある吉田病院に看護師として就職され、ここから奈良・富雄・生駒での生活の始まりました。
 1970年代~90年代にかけて、埼玉の二男さんのご家族と生活されましたが、
ふたたび奈良に戻られ私の近くである富雄・生駒で晩年を過ごされました。
 この間、1997年8月、国賠同盟員のメンバーとして、国連人権委員会に「治安維持法犠牲者としての訴え」をするため、ジュネーブを訪れました。
 安倍自公政権下、特別秘密保護法が強行され、集団的自衛権の行使を容認で解釈改憲し、日本を再び戦争する国に変えようとする危険な動きがかってなく強まっています。
 信多(太田)まちさんは、治安維持法下、闘って投獄され、戦後も日本共産党員として、治安維持法国家賠償犠牲者国家賠償要求同盟員として、節を曲げす人生を生き抜かれました。
その生き様にまなび、私たちの活動に生かすことが今強く求められています。
o0360048012951515487[1]
  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 ■ 日本共産党 大演説会
    ―― 大増税政治ストップ、「戦争する国」づくり許すな!
   ● 笠井 亮 (かさい あきら)衆院議員お話します ぜひお越しください。
 7月 6日(日)2時~ 奈良県文化会館国際ホール(入場無料)
 ※ あやめ池地域から会場直通バスも出ます。
    
          笠井あきら
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定
 5月26日(月)・奈良県日本共産党全県地方議員会議
   29日(木)・シルバーパスを守る会、宣伝と署名行動
 6月26日(木)・平和行進(13時~般若時出発)、奈良市役所到着(16時30分)
   27日(金)・平和行進(奈良市役所出発9時30分)→大和郡山市
 7月 6日(日)・日本共産党大演説会 於:県文化会館国際ホール
           笠井あきら衆院議員を迎えて = 入場無料

 ■ 6月議会の予定

 内示会(6月定例会招集告示)6月 2日(月)
 6月定例会開会日           9日(月)
 代表質問                13日(金)
 一般質問                16日(月)~
 ※ 6月議会は正副議長・常任委員会委員長などを選出する「役員選挙」があります。
   6月末までの「会期」となる予定です。

 6月議会での我が党の質問予定者は
 代表質問=山口ひろし
 一般質問=北村たくや・山本直子・松岡かつひこ 
 報告に対する質疑=井上まさひろ
 の予定です。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         相談
 
 4月から「消費税増税」が強行されました。
 「しんぶん赤旗」の購読料も増税分が5月度分より引きあがります。
 日刊紙=3497円
 日曜版=823円 となります。よろしくおねがいします。

                
      しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。