スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者派遣法の大改悪

014年 4月25日(金) はれ 

 労働者派遣法の大改悪に反対する共同を呼びかけます――――
 「生涯ハケン」「正社員ゼロ」社会への暴走を許さないために、日本共産党が発表した政策アピールです。

 4月15日に日本共産党の志位和夫委員長が発表したもので、安倍内閣が通常国会に提出した「労働者派遣法」の大改悪を”廃案”に追い込みましょう――――と呼びかけたものです。

 「常用雇用代替禁止」「臨時的・一時的業務に限定」の大原則を投げ捨て、いつでも、どこでも、いつまでも派遣を使い続ける内容の同「労働者派遣法の大改悪」。許せません。これから、訪問・対話の資料として、各種団体の懇談会の資料として活用したいとお思います。

 ご希望の方は、連絡してください。お届けします。

政策

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 小林てるよのポスターができました。
 これから街中に張り出したいと思います。

 公職選挙法で本番6か月前まではポスターの掲示は問題ありません。いま、他候補のポスターが結構目立っています。負けてはおれません。
 ポスターでも「第一党」に。

小林てるよ
     
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    きょうの 潮流 

 “徘徊死(はいかいし)”という言葉があるそうです。認知症の高齢者が徘徊中に列車などにひかれて亡くなるケースです。昨日、認知症男性の列車事故訴訟で控訴審判決がありました。JR東海が遺族に求めた損害賠償額は半減されたものの、家族に責任を負わせることに変わりはありません。何とも過酷です。
深田京子
 ひとときも目を離せない認知症高齢者を家族だけで抱えるのは難しい。特に徘徊は早期発見が要。介護者の負担を地域で支えることができたら…。そんな取り組みの一つが大阪府の豊中市と豊中市社会福祉協議会が実施する公民協働事業「徘徊SOSメール」です。
 NHKドラマ「サイレント・プア」は社協が舞台。深田恭子さん演じるコミュニティソーシャルワーカー(CSW)の活躍を描きます。「制度の狭(はざ)間(ま)で救われずに苦しむ孤立や貧困、声にならないSOSを見つけ、地域で支える仕組みをつくる」のが仕事。全国に導入され始めました。
 ドラマでは、ゴミ屋敷の住人など困難を抱えた人が次々登場します。個々のせりふが胸を打ちます。番組監修の勝部麗子さんは豊中市社協のCSW。現場の思いを反映させたいと1話につき30時間から50時間をかけて監修しています。
 モットーの第一は社会的排除をさせない。豊中市の社協では、75歳以上のひとり暮らし高齢者の調査など、さまざまな事業を行っています。
 ひとり暮らしの高齢者は2035年には約762万人になる見通しです。地域の福祉力をどう高めるか。CSWに期待したい。  
                                         
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20131005_553594[1]   ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です

 「地方議員のための地域福祉の政策と実践」~リスク社会への対応~のテーマでひらかれたセミナーに参加。会場はNHK名古屋放送センタービル内教室。講師は、母校日本福祉大大学院 福祉社会開発研究科 野口定久大学院委員長でした。

 高齢社会がピッチをあげて進行、一方では生産年齢人口や年少人口の激減が顕著であり、地域社会をつくっている基礎的要件である人口の減少は自治体までも脅かす状態。

 いま必要な”地域福祉”か?次のような柱立てでした。
1、いま、なぜ地域福祉かー現代の危機の中で
2、大震災と地域福祉
3、地域福祉の枠組み
4、地域福祉の対象と課題
5、地域福祉の理論と課題
6、地域福祉計画の策定戦略
7、居住福祉学の実践
8、施設ケアと在宅ケアの融合
9、地域福祉の参加と教導
10、アジア版福祉社会の構想

 ”地域福祉”の必要性は誰もが認める課題。自分たちの地域からつくりだして行かなければ・・・

o0369027612911845148[1]

 小林てるよ県会議員は、現在、定例の早朝駅頭宣伝を下記の場所で行っています。
 顔を見かけたら、お声掛けいただければ嬉しいです。 
 月曜日 富雄駅
 火曜日 学園前駅北口
 水曜日 あやめ池駅
 金曜日 西大寺駅南口(第1・3曜日)
      学研登美が駅(第2・4曜日)


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定
 
 4月29日(火・祝)・平和コンサート「唄と講演のつどい」
 5月 1日(木)・メーデー
    7日(水)・奈良市革新懇会議
   11日(日)・若草山大好き大集合
   13日(火)・県政報告会
   16日(金)・奈良市議会報告会
   17日(土)・日本共産党奈良県後援会年次総会
   
 ■ 休会中の委員会日程
  観光文教委員会 4月22日(火)= すでに閉会しました。
  市民環境委員会 5月12日(月)
  厚生消防委員会 5月13日(火)
  総務  委員会  5月14日(水)
  建設企業委員会 5月15日(木)
 ※ 委員会開会時間は、いずれも13時からとなります。
 ※ 「水道・下水道の所管が『企業局』との名称になり、『建設委員会』と同じ委員会になります」
 ※ 建設企業委員会では、委員会に付託されています「三碓町の宅地開発・・・」「あやめ池ちびっこ広場の設置を求める・・・」の2件の請願も審査されます。
 また、「市営住宅の・・・」の請願は「市民環境委員会」の審査に移ります。

 ■ 6月議会の予定

 内示会(6月定例会招集告示)6月 2日(月)
 6月定例会開会日         9日(月)
 代表質問            13日(金)
 一般質問            16日(月)~
 ※ 6月議会は正副議長・常任委員会委員長などを選出する「役員選挙」があります。
   6月末までの「会期」となる予定です。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         相談
 
 4月から「消費税増税」が強行されました。
 「しんぶん赤旗」の購読料も増税分が5月度分より引きあがります。
 日刊紙=3497円
 日曜版=823円 となります。よろしくおねがいします。

                
      しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。