スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから丸3年

014年 3月11日(火) はれ
 
 今日3.11は東日本大震災。そして東京電力福島第一原発の事故から丸3年目にあたります。
 
 あの日、言葉にならない地獄絵の映像は、今もなお私の目に焼き付いて忘れることができません。
 昨夜も、テレビで「特集番組」を放映していましたが、日本は、あれから変わったのでしょうか。改めて考え直されます。 
    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨日(10日)の朝日新聞夕刊に「ふるさと納税バブル」という記事が載りました。
 鳥取県=1万円の寄付でカニなど7000円分相当
 北海道の町=何度でも十勝和牛・・・・という見出しです。

 加熱する「ふるさと納税制度」の特産品の特典。もともと福井県の西川知事が提唱し、総務省の研究会での議論を経て2008年4月に導入されました。
 その福井県は特産品の特典を設けていません。一方、寄付額は09年度の約1923万円をピークに、昨年度は約1390万円。同県の担当者は「県を応援するという気持ちから寄付をしてもらっている」と話すと言います。

 総務省が実施したアンケートでは約半数の自治体が特産品などの特典を設定している一方、都道府県の32%、市区町村の24%が特産品を贈ることに「問題あり」と回答していると言います。
 総務省は昨年9月、自治体に「特産品等の送付は適切に良識をもって対応すること」と通知を出しました。

 研究会のメンバーだった明治大学の小田切教授は「このままでは税収が減る自治体から大きな批判が起こる」と警鐘を鳴らします。

 そういや、奈良市議会本会議で「奈良市も『大吟醸のお酒』など、高価なものにすべきでは」と市長に求めていました。

ふるさと                                ● 鳥取県 境港市から特産品
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日は、厚生消防委員会・同分科会(日本共産党からは、山口ひろし・小川正一議員が質問)、観光文教水道委員会・同分科会(日本共産党からは、北村たくや議員)が開かれました。
 ※ 質問の様子はインターネット「奈良市議会」→「会議中継(ライブ・録画)」からご覧いただけます。

やまぐちひろし                                       ● 質問する「山口ひろし議員」(「インターネット中継」より)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    きょうの 潮流 

 「自分でいうのもなんだけど、私たち、本当に仲のいい夫婦だったんだよー」。宮城県気仙沼市の仮設住宅で暮らす65歳の女性は、遺影を見つめながらいとおしそうに話します。夫は、津波の犠牲になりました。享年68歳。
調査 
 たまにけんかした夜、布団を離して敷くと、夫は布団を近づけて、黙って手を握ったまま寝たといいます。「おめえには感謝している」。亡くなる数日前、夫が、なぜかポツリとつぶやいた言葉が忘れられません。
 夫だけでなく、母親ら6人もの親族を失いました。普段は明るくふるまう女性ですが、今でも1人でいると悲しみで涙が止まらなくなるときがあると。
 東日本大震災から3年。被災者は、癒えぬ心の傷に耐えながら、懸命に前に歩もうとしています。しかし、現状は深刻です。本紙が実施した「被災者300人実態調査」でも、大半が今年中に仮設暮らしから抜け出せないと答えています。
 筆者も調査で仮設団地を訪ねました。がんを発病し、治療費で困窮しているという女性。漁を再開したが原発事故の風評被害で、魚が値崩れして嘆く三陸の漁師…。そして口々に訴えます。「国は、被災者にあまりにも冷たい」。
 政治への怒りをはっきり口にする人が増えています。同時に日本共産党への期待も。気仙沼市の女性は、4月に予定される市議選で「震災後に世話になった」と秋山善治郎党市議の候補者カーのアナウンサーを手伝います。「自分でもびっくり。でも、くよくよばかりはしてられないからね」  
                                                  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 
 3月14日(金)・奈良市立幼稚園卒園式
   15日(土)・奈良市立中学校卒業式
   19日(水)・奈良市立小学校卒業式
   
■ 3月議会、明日以降の日程
 3月12日(水)・予算決算委員会(分科会)・部門別常任委員会
          (総務委員会)
   13日(木)・予算決算委員会(分科会)・部門別常任委員会
          (市民環境委員会および、建設委員会)
   14日(金)・幹事長会議、意見書調整委員会
   17日(月)・予算決算委員会(市長総括質疑)
   20日(木)・3月議会最終日
         ・幹事長会議・議会運営委員会・討論・採決
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。