スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間中学校・3月議会「内示会」

014年 2月21日(金) くもり

 3月議会の「内示会」。
 3月議会に提案される「予定議案」の説明がありました。

 その後、幹事長会議・正副委員長会議・議会運営委員会・・・と続きます。
 今日は、3月議会の日程が確認されました。

DSCF9107.jpg

 28日(金)の「議会開会」までに「提出予定案件」の調査、質問通告準備などを行うことになります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 市立春日中学校の中に「夜間中学」があります。

春日中学校

 夜間中学は、子どもの時に小学校・中学校へ行けなかった人が大人になってから、勉強したいと学ぶ学校です。学校に行けなかった理由は、戦争、貧困、差別などが挙げられます。

 障碍者は、1979年の養護学校義務化の前には、「就学猶予・免除」という形で学校に行くことができませんでした。在日コリアンは、アジア太平洋戦争前及び戦中に生活のために日本へ来て、日本社会で苦労を重ねて生きてきました。多くの人が差別のために学校へ行けませんでした。日本語は話せても読み書きに困る人が多くいます。中国残留邦人は、アジア太平洋戦争前および戦中に日本から中国大陸へ国策で行った人が、日本に帰ることができず中国に残されそこで生活していましたが、1980年代以降、日本へ帰国しました。本人、配偶者、子ども、孫など日本で生活している数世代の人がいて、日常生活に必要な生活のための日本語などを学んでいます。また結婚などによる渡日者が、日本語を初め日本で生活するのに必要なことを学んでいます。このように国籍を越えて年齢は10代から80代の様々な立場の人が学んでいます。

 1975年に大阪府教育委員会が他府県からの入学を認めない方針を明らかにしまました。当時、奈良から大阪の夜間中学へ通う人がいました。1976年6月に「奈良に夜間中学をつくる会」ができ、夜間中学を作る運動が始まりました。9月には私設奈良夜間中学が西大寺駅近くの正強学園で週に4日の勉強が始まりました。うどんが出されたことから「うどん学校」の愛称で呼ばれました。県や市との交渉を重ね、1978年に奈良市立春日中学校夜間学級として公立夜間中学校となりました。

 昨年度、春日夜間中学校に「捕食費」として約145万円が予算計上され、「パンと牛乳」(205日分)が支給されてきました(一人170円で95人分×4割補助)。しかし、”経費削減”でしょうか、今年度は約78万円(一人100円で104人分×4割補助)に半減。なんと来年度は「廃止」といわれています。

 「ここまで削るか・・・」と怒りの声が上がっています。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    きょうの 潮流 

 大学の入学試験がたけなわです。関東甲信地方が大雪に見舞われた先週末は、道路や交通機関が寸断されたために会場にたどり着けず、試験が受けられなかった受験生が多数いました。胸が痛みます。
冬 ● 大雪に見舞われた「山梨県甲府市」
 受験生の保護者から入試にまつわるお金の話を聞き、あまりにも高額で頭が痛くなりました。私立大学の場合、受験料は平均約3万5千円。3校受ければ10万円を超えてしまいます。遠方の大学を受験すれば、さらに交通費や宿泊費もかかります。
 東京地区私立大学教職員組合連合の家計負担調査では、昨年、私立大学に入学した学生(自宅外通学)の受験費用は、平均で23万円でした。お金がなければ、受験をすることさえ困難な金額です。
 義務教育の小中学校でも入学準備にお金がかかります。ランドセルや通学カバン、制服、体育着、上履き、学用品…。ため息が出る保護者も少なくないでしょう。
 小中学生に、学用品や給食費、入学準備金などを支給する就学援助制度。文部科学省によると、援助の対象は公立小中学生の6人に1人にのぼります。経済的に苦しい家庭でも、子どもが安心して学べるように、必要な人に情報が届き、十分な援助が受けられる制度への改善が不可欠です。
 子どもには、できるだけ快適な学習環境を整え、望む道を進ませてやりたいと願うのが親の気持ちです。お金のあるなしにかかわらず希望する進路を選び、生きいきと学んでほしい―。経済的な理由で悲しい思いをする子を、何としてもなくしたいものです。   
                                                    
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 
 2月23日(日)・奈良県革新懇年次総会
 3月14日(金)・奈良市立幼稚園卒園式
   15日(土)・奈良市立中学校卒業式
   19日(水)・奈良市立小学校卒業式
   
■ 3月議会の日程(予定)
   21日(金)・3月議会内示会
         ・幹事長会議・議会運営委員会
   28日(金)・3月議会開会日
 3月 5日(水)・本会議代表質問(私が質問に立ちます)
    6日(木)・本会議一般質問
    7日(金)・本会議一般質問
   11日(火)・予算決算委員会(分科会)・部門別常任委員会
          (観光文教水道委員会および、厚生消防委員会)
   12日(水)・予算決算委員会(分科会)・部門別常任委員会
          (総務委員会)
   13日(木)・予算決算委員会(分科会)・部門別常任委員会
          (市民環境委員会および、建設委員会)
   14日(金)・幹事長会議、意見書調整委員会
   17日(月)・予算決算委員会(市長総括質疑)
   20日(木)・3月議会最終日
         ・幹事長会議・議会運営委員会・討論・採決
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■ 食いしん坊日記 <ラーメン編> …4

(※記事は私の主観によるものです。特定の店を宣伝するものではありません。ご了承ください。週1回更新)

  ● 麺屋 あまのじゃく

あまのじゃく

店
 
 富雄駅前の同店。
 人気度合いはピカイチ。いつも行列ができます。
 店は狭いですが、押し合いながら食べるラーメンはおすすめ度1位かも。
 
 住所: 奈良市富雄元町2-2-6 トミオビル

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。