スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球新報

014年 1月27日(月) はれ

 今日から、毎日の早朝打ち合わせ会議(2月1日まで)です。
 1月末までが「日本共産党世直し大運動」になっており、現在の到達を確認し、今週の行動の具体化を出し合います。

 安倍政権の戦争する国への危険な動き、社会保障大改悪、原発再稼働・海外への輸出問題などストップをさせるために、みなさんに「お力貸してください・・・」と呼びかけます。

DSCF8884.jpg                                             ● 打ち合わせの際、冒頭に短時間学習をします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 沖縄名護市長選挙で「辺野古への米軍基地反対」を掲げた「稲嶺」氏が「基地推進候補」を大差で破りましたが、翌日の「琉球新報」が届けられました。
 25日の「新春の集い」で「こくた恵二衆院議員・党国会対策委員長」が冒頭に紹介した「同紙」を取り寄せたものです。

 ”これほどの活字があるのか?”と思うほど大きな文字で紹介されていました。以下、「琉球新報」の記事です。

しんぶん (1)

しんぶん (2)

しんぶん (3)

しんぶん (4)
    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

 黒々とした壁に顔は埋もれ、浮き出た背骨が悲しみを物語る「酷烈」。絶望を前に、黒壁をかきむしる背中を描いた「傷壁」。一枚一枚の絵が、闇のなかから不条理をあぶりだします。
auschwitz_top[1] ● アウシュヴィッツ平和博物館
 福島・白河市にあるアウシュヴィッツ平和博物館。そこでいま、人間社会の理不尽さを描いてきた増田常徳さんの絵が展示されています。増田さんは、ナチスによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の現場を訪ね歩き、恐怖と人間への尊厳を突きつけられました。
 終戦の1945年のきょう、ソ連軍によってアウシュヴィッツ強制収容所は解放されました。生存者は数千人。子どもたちをふくむ、110万ともいわれる人間の命が、この悪魔の施設で絶たれました。
 戦後、ドイツはみずから犯した罪と向き合ってきました。先日も88歳になる元ナチス親衛隊の男が住民虐殺に加担したと、起訴されています。「過去に目を閉ざす者は、未来にたいしても盲目になる」(ヴァイツゼッカー大統領)。
 解放60周年のときには、当時のケーラー大統領が国民に呼びかけています。「われわれには、ナチス・ドイツが与えたすべての苦しみと、その原因について、記憶を風化させない責任がある。その責任に終わりはない」。
 ドイツはいま欧州連合のなかで中心的な役割を果たしています。他方で政権が先頭に立ち、アジアの国々への侵略を美化し、罪を反省せず、いまだに周りと信頼関係を築けない日本。命や平和の尊さを教える歴史から学べない国に未来はありません。
                                              
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 
 1月30日(木)・議会制度改革推進作業部会 14時~ 於:奈良市議会(非公開です)
 2月 3日(月)・建設委員会正副委員長打ち合わせ
    4日(火)・厚生消防委員会
    7日(金)・市民環境委員会
   12日(水)・建設委員会
   13日(木)・総務委員会
   19日(水)・産業文教水道委員会
  ※ 「建設委員会」に付託されている「あやめ池地域にちびっこ広場の設置を」の請願が12日の建設委員会で審議されます。私も質問に立ちます。
 なお、いづれの委員会も13時~の予定です。
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県が進めようとする「若草山モノレール構想」。
 景観と世界遺産を破壊する暴挙を食い止めましょう!


 ■ 若草山 豆知識 ⑰
 
 奈良を代表するものの一つが東大寺の大仏様です。身の丈五丈六尺(約16m)あります。使われた銅、錫が500トン。鋳造には莫大な量の木炭が使われました。木炭の産地は定かではありませんが、大仏殿が若草山の西山麓を切り開き、谷を埋めて造られましたので、若草山の木をつかったともいわれています。
当時の塗金は金を水銀に溶かし塗布した後で、炭火で水銀を蒸発させる工法がとられ、この塗金は水銀2.5トンと金440kgを使用したと言われています。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。