スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若草山モノレールいらない! と「新春のつどい」

014年 1月25日(土) はれ・のちあめ

浜田さん

若草山反対

 奈良県文化会館で「若草山へのモノレール建設に反対する会結成集会」が開かれ、参加してきました。
 会場いっぱいの参加者で、関心の高さを示しています。

 「会」の代表委員には
 上野邦一(奈良女子大学名誉教授)
 大久保哲夫(奈良教育大学元学長)
 小笠原好彦(文化財保存全国協議会代表)
 熊田真幸(和歌山大学名誉教授)
 谷幸三(晴れの国野生生物研究会会長) の5氏を

 事務局には
 浜田博生 さんらを選出しました。

 今後、奈良県知事、奈良市長、文化庁、環境庁、文化審議会などに要請行動を行うとともに、 
 3月15日(土)には「シンポジウム」、5月の連休には「若草山大好き大集合」などを計画しています。
  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県会勢揃い

こくたさん

 日本共産党「新春のつどい」です。
 橿原文化会館で行われ、あやめ池地域からも「マイクロバス」をチャーター。
 1000人を超える参加で成功しました。

  弁士が「山下よしき(書記局長・参院議員)」が、昨日から始まった通常国会の対応で「こくた恵二(衆院議員・国会対策委員長)」に変更。
 しかし、こくたさんの話は、関西人ならではの一味違った言い回しでなかなかわかりやすい。私はこくたさんの話も好きです。

 来年のいっせい地方選挙「県会議員(予定候補)」も勢揃いして、あいさつ。
 元気の出る「つどい」でした。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

 人権の侵害は、相手が誰であれ、怒りの対象となるべきだ。この権利にかんする限り、妥協の余地はない―。元レジスタンス闘士のステファン・エセルさんが、93歳のときに記した『怒れ! 憤れ!』の一節です。
 フランスで出版され、30カ国で翻訳された著書は、多くの若者の心を動かし、世界中の大衆運動に火をつけました。ナチの強制収容所を生き延びたエセルさんは戦後、外交官になって、国連の世界人権宣言の起草に加わりました。
 生涯を人権のためにたたかったエセルさんは呼びかけます。「歴史の脈々たる流れは、一人ひとりの力で続いていくものである。この流れが向かう先は、より多くの正義、より多くの自由だ。正義と自由を求める権利は誰にでもある」。
 通常国会初日。国会を人間の鎖が取り囲みました。ひろがる青空に響きわたる怒りの声。「秘密保護法を廃止しよう」「情報は市民のものだ」「取材・報道の自由を守るぞ」「憲法を守れ、人権を守れ、民主主義を守れ」。
 もっとていねいに説明すべきだったと、口にしていた秘密法について、安倍首相は施政方針演説で一言も触れませんでした。あらゆる分野で安倍政権が暴走すればするほど、国民のたたかいは燃え上がり、立ち上がる人びとは増えていきます。
 国会大包囲や全国の行動に呼応し、“自共対決”の最前線に立つ議員団に志位委員長は訴えました。「安倍政権のすべての暴走に対し、国民的な大反撃をもってこたえよう」。激突国会のゴングが鳴りました。 
                                              
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 
 1月30日(木)・議会制度改革推進作業部会 14時~ 於:奈良市議会(非公開です)
 2月 3日(月)・建設委員会正副委員長打ち合わせ
    4日(火)・厚生消防委員会
    7日(金)・市民環境委員会
   12日(水)・建設委員会
   13日(木)・総務委員会
   19日(水)・産業文教水道委員会
  ※ 「建設委員会」に付託されている「あやめ池地域にちびっこ広場の設置を」の請願が12日の建設委員会で審議されます。私も質問に立ちます。
 なお、いづれの委員会も13時~の予定です。
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県が進めようとする「若草山モノレール構想」。
 景観と世界遺産を破壊する暴挙を食い止めましょう!


 ■ 若草山 豆知識 ⑰
 
 奈良を代表するものの一つが東大寺の大仏様です。身の丈五丈六尺(約16m)あります。使われた銅、錫が500トン。鋳造には莫大な量の木炭が使われました。木炭の産地は定かではありませんが、大仏殿が若草山の西山麓を切り開き、谷を埋めて造られましたので、若草山の木をつかったともいわれています。
当時の塗金は金を水銀に溶かし塗布した後で、炭火で水銀を蒸発させる工法がとられ、この塗金は水銀2.5トンと金440kgを使用したと言われています。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。