スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護市長選、やった―― 勝った!

014年 1月20日(月) はれ・のちあめ

DSCF8824.jpg

 昨日の投票で行われた「名護市長選挙」。”新基地ノー”の声が揺るがぬ「稲峰ススム氏」が圧勝。安倍政権の強圧をはねかえしました。文字どおり、沖縄県民の歴史的勝利です。
 
 稲峰氏は言います。
 「政府が権力をむき出しにしても、名護市民はお金やどう喝に屈しない」。

 今回の市長選挙は、新基地建設計画がもちあがって以降の5回の市長選挙で初めて基地容認・推進派が「移設推進」を明言し、争点が鮮明になりました。
 政府は、この結果を重く受け止め、辺野古への新基地建設を断念すべきです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 定例の団会議です。

 先週、4日間奈良から離れていましたので、少し「浦島太郎」状態です。
 日々の活動に戻るのに、少し時間がかかりました。 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 
 
 NHKEテレのドキュメンタリー番組「下北半島 浜は核燃に揺れた」に注目しました。戦後日本の歩みを地方から見つめるシリーズ「日本人は何をめざしてきたのか」の第7回。この1月からは東北が舞台。
六ヶ所 ● 六ヶ所村核処理施設
 国策に翻(ほん)弄(ろう)され、苦しみ抜いた末に原子力との共存の道を選んだ青森県・下北半島の人々の記録です。小さな浜にもちあがった原子力船「むつ」の巨大な港建設計画、六ケ所村の核燃料サイクル施設の建設。核燃の受け入れをめぐって地域は引き裂かれ激しい対立が起きました。
 なぜ下北半島だったのか。番組は1969年、下北半島を空から視察する経団連首脳の姿を映します。高度経済成長から取り残されたこんな土地があったのかと。そこから下北半島の巨大開発計画が浮上したといいます。それは働く場所もなく、出稼ぎに出るしかなかった人々にとって福音でもあったのでしょう。
 しかし、その代償はとても大きいものでした。防波堤に描かれた子どもたちの絵が象徴的です。漁民と漁民が握手をしている絵。なんとか仲直りしてほしいというメッセージです。
 最大の代償は核燃サイクルが破たんし、高レベル放射性廃棄物の最終処分場が決まらない中、なし崩し的に下北半島に全国の使用済み核燃料が集められていることでしょう。原発が「トイレなきマンション」といわれるゆえんです。
 私たちは歴史から何を学ぶのか。番組に結論はありません。しかし、もはや原発からの撤退しかないことを事実であぶりだします。
                                           
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定


 1月21日(火)・秘密保護法廃棄・凍結奈良県行動 12時30分~ 近鉄奈良駅前 
   25日(土)・「若草山へのモノレール建設に反対する会」結成総会 9時30分~ 於:分館小ホール
         ・日本共産党奈良県新春のつどい 13時30分~ 於:橿原文化会館
          山下よしき参院議員の特別講演もあります。
          ※ 入場は無料です。どなたでも参加できます。
         ・若草山焼き18時~花火開始、18時15分~山焼き点火(雨天の場合は2月1日)
   30日(木)・議会制度改革推進作業部会 14時~ 於:奈良市議会(非公開です)
 2月 3日(月)・建設委員会正副委員長打ち合わせ
    4日(火)・厚生消防委員会
    7日(金)・市民環境委員会
   12日(水)・建設委員会
   13日(木)・総務委員会
   19日(水)・産業文教水道委員会
  ※ 「建設委員会」に付託されている「あやめ池地域にちびっこ広場の設置を」の請願が12日の建設委員会で審議されます。私も質問に立ちます。
 なお、いづれの委員会も13時~の予定です。
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 県が進めようとする「若草山モノレール構想」。
 景観と世界遺産を破壊する暴挙をなんとしても食い止めましょう!


1315372064[1]
 
 ■ 若草山 豆知識 ⑮
 
 2014年、今年の「若草山焼き」は1月25日(土)= 第4週の土曜日に行われます。
 18時~ 花火開始(予定)
 18時15分~山焼き点火(予定)
 ※ 雨天の場合は、2014年2月1日(土)に変更されます

 奈良のシンボル、若草山で行われる冬の代表的行事です。打ち上げ花火の合図の後、33ヘクタールの草地に一斉に点火されます。冬の古都の夜空を赤々と染め上げ、山全体が浮かび上がるさまは壮観です。
(※ 写真は、多重露光により撮影されたもので実際の見え方とは異なります。 奈良市観光協会公式ホームページより)
 
 問合せ先 : 奈良県奈良公園室
 TEL : 0742-27-8677 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。