スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本会議一般質問

013年 12月 9日(月)  はれ・のちくもり    

 本会議一般質問です。
 朝、10時から始めました。

 その後、5時30分まで・・・。
 そして、建設委員会・分科会の質問準備、調整です。

 ぜひ、インターネット録画で視聴してほしいと思います。

20130819_1478492.jpg

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

 ナチスの戦犯アイヒマン裁判で、悪とは人間とは何かを問いかけたユダヤ人哲学者ハンナ・アーレント。思考を放棄し、命令に従うことで大量虐殺を遂行してしまう。その悪の凡庸さ、陳腐さを訴えました。
m-39023_hanna_large[1] ● ユダヤ人哲学者ハンナ・アーレント
 「考えることで、人間は強くなる」という信念をもちつづけたハンナ。彼女はベトナム戦争に関する米国防総省の秘密文書を「あらゆる種類の偽り」と分析しました。そして、虚偽を操作し、戦争に進んでいった政府の本質をえぐりました。
 72年前のきょう、日本の天皇制政府はアジア・太平洋戦争に乗り出しました。国防保安法や治安維持法で国民をしばりつけ、「自衛」のためとだまして。領土拡張の侵略戦争は、日本とアジアで多大な犠牲を生みました。
 それを反省するどころか、また同じ道をたどろうというのか。新たな司令塔をつくり、国民から事実を知る権利を奪いとる秘密保護法を強行した安倍自公政権。ふたたび日本を戦争に巻き込むための準備を、数の横暴でごり押ししています。
 しかし戦前とはちがいます。時代を逆戻りさせる政権に対する、国民の熱いたたかい。瞬く間にひろがった怒りの輪は、国会を取り巻き、全国の空に抗議の声をとどろかせました。戦後70年間、育んできた民主主義の成果でしょう。
 もう一つ。国会の内外で国民のたたかいに連帯した日本共産党の存在があります。終始一貫して悪法に反対し、危険性を暴き、政府を追いつめてきました。戦前から命をかけて戦争に反対してきた党の真骨頂です。
                     
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

12月11日(水)・建設委員会・同分科会、厚生消防委員会・同分科会
   12日(木)・観光文教水道委員会・同分科会、市民環境委員会・同分科会
   13日(金)・総務委員会・同分科会
   15日(日)・日本共産党奈良県党会議
   16日(火)・上下水道統合集中審査
   18日(水)・12月議会最終日(議案採決)
 
   ※ 委員会に付託されている「三碓町宅地開発の中止を求める請願」等については「休会中の継続審査」になっていますから、12月議会中での「審査」は行われません。
  
2014年
 1月15日(水)・日本共産党第26回党大会(~18日まで)


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 若草山 豆知識 ⑥ 

 若草山は芝に覆われています。
 この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで、近畿では若草山付近が唯一の自生地とされています。
 ノシバの種は堅い殻に覆われており、シカがシバの葉と共に種を食べても、シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守ります。おもしろいことに、ただ守るだけでなく、シカの胃に入ると、胃液と体温(40度程度)で殻は速やかに溶けて発芽できる状態になり、未消化の種は糞とともに山に散布され発芽するのです。このサイクルを繰り返し、古来よりこの地でノシバが生息してきました。
 若草山のシバの生育には自然状態ではシカの存在が不可欠なのです。
 ノシバの葉や茎は踏まれても問題ありませんが、土壌が人に踏み固められると、固い土が根の生育を著しく阻害するために、シバは枯れてしまいます(このため、仮にシバを薬品処理して発芽させても、土壌の管理ができなければ、芝の保護生育は望めないのです)。
 
 
 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。