スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍暴走政治許さない

013年 12月 7日(土)  はれ・のちくもり    

宣伝

 「渾身の怒りを込めて抗議する。」昨日の深夜、安倍自民・公明政権が「特定秘密保護法案」の参院で強行採決・成立させました。

 冒頭の言葉は志位委員長の言葉です。

 今日も、訪問・あいさつ廻りです。対話の中身は「安倍自民」の暴走政治への怒り一色です。おいつめられつつある安倍政権。国民の声を聞こうともしない政権に、決して未来はないと思います。

 法案は成立させられましたが、たたかいはこれからです。
 実施させない取り組みへ、さぁ、力を合わせましょう。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 秘密保護法許さない。廃棄に!
 宣伝カーで3カ所で宣伝しました。

 「共産党、がんばれよ!」との励ましの言葉もいただきました。
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

11・21大集会[1]
「恥を知れ!」「自由を守れ!」「強行採決絶対させない!」。ドラムのリズムに合わせたラップ調の掛け声や、伝統的な「シュプレヒコール」。秘密保護法案をめぐる、ぎりぎりの攻防となった6日、国会前では、日が暮れるまで抗議の声が続きました。
 色とりどりのプラカードを持った参加者は時間を追うごとに増え、夜の抗議集会・国会へのデモ行進になだれこみました。人々は民主主義の危機に立ちあがったのです。
 第1次安倍政権は20回もの強行採決を繰り返しました。今国会での秘密保護法案の相次ぐ強行採決は、巨大与党の「数の暴力」復活を印象づけました。しかし、これほど多くの人々が街頭で声をあげ、包囲したのは、第1次政権時にはなかったことです。
 法案の修正協議に加わった一部野党も、世論の力で「慎重審議」をいわざるをえなくなりました。昨夜は野党側が参院本会議での強行成立に持ち込ませないため、内閣不信任決議案などを相次いで提出。「会期内成立」を譲らなかった与党側も、2日間の会期延長を余儀なくされました。
 官邸に権限を集中し、この国の支配者であろうとする安倍政権。秘密保護法案も、情報を独占しようという欲求によるものです。今後も「数の暴力」の危険はありますが、国民の抵抗も力強さを増すことでしょう。
 戦後最悪の反動政権である安倍政権に対して、この国の自由と民主主義をかけたたたかいは大きく広がる―。デモ隊の声を聞きながら、そんな予感がしました。
                     
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

12月 8日(日)・日本共産党奈良地区党会議
    9日(月)・12月議会本会議一般質問(予定)
   11日(水)・建設委員会・同分科会、厚生消防委員会・同分科会
   12日(木)・観光文教水道委員会・同分科会、市民環境委員会・同分科会
   13日(金)・総務委員会・同分科会
   15日(日)・日本共産党奈良県党会議
   16日(火)・上下水道統合集中審査
   18日(水)・12月議会最終日(議案採決)
 
   ※ 委員会に付託されている「三碓町宅地開発の中止を求める請願」等については「休会中の継続審査」になっていますから、12月議会中での「審査」は行われません。
  
2014年
 1月15日(水)・日本共産党第26回党大会(~18日まで)


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 若草山 豆知識 ⑥ 

 若草山は芝に覆われています。
 この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで、近畿では若草山付近が唯一の自生地とされています。
 ノシバの種は堅い殻に覆われており、シカがシバの葉と共に種を食べても、シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守ります。おもしろいことに、ただ守るだけでなく、シカの胃に入ると、胃液と体温(40度程度)で殻は速やかに溶けて発芽できる状態になり、未消化の種は糞とともに山に散布され発芽するのです。このサイクルを繰り返し、古来よりこの地でノシバが生息してきました。
 若草山のシバの生育には自然状態ではシカの存在が不可欠なのです。
 ノシバの葉や茎は踏まれても問題ありませんが、土壌が人に踏み固められると、固い土が根の生育を著しく阻害するために、シバは枯れてしまいます(このため、仮にシバを薬品処理して発芽させても、土壌の管理ができなければ、芝の保護生育は望めないのです)。
 
 
 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。