スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表質問

013年 12月 6日(金)  はれ    

松岡

 今日から12月議会です。

 上下水道の統合問題について、他の議員から質問が出ました。

 我が党からは北村議員が代表質問に立ちました。
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

 哲学者の鶴見俊輔さんが、数の民主主義の危うさについて語っていたことがあります。日本の民主主義にある「よわさ」を認め、疑う権利を確保する。それが自分のデモクラシーの基本だと。
鶴見 ● 哲学者の鶴見俊輔さん
 戦争へと走った道を二度と歩まない。そう決意をこめて、わたしたちは個々の意見や判断を尊重する多様で自由な社会をつくろうと努めてきました。ところが、その根底を崩してしまう法案が特別委で「強行採決」されました。
 暴挙を重ねに重ねた安倍政権と自民、公明与党の横暴さ。広範な団体、多くの国民があげている反対の声を騒音、テロという傲慢(ごうまん)さ。それは、秘密保護法がもつ人権無視の性格をいっそう際立たせています。
 国会の周辺では連日、朝から夜まで、廃案をもとめる声がひびきました。寒空にマフラーや手袋姿で声をからす初老の夫婦。幼い子を連れた30代の母親は「いてもたってもいられず、ここにきた。こんなに恐ろしい法案が通ってしまう日本の将来が心配で」。
 一貫して反対してきた日本共産党の志位委員長は「憲法の国民主権、基本的人権、平和主義を、ことごとく踏みつけにする違憲立法で、認めるわけにはいかない」。数の暴走は、国民に追いつめられての暴挙だと語りました。
 戦後、日本に根づいてきた民主主義。その力強さは悪法に立ち向かった空前の盛り上がりに表れました。“国民の権利を守れ、自由を守れ、命を守れ”。国会に、全国に、こだました声は、決して消えません。違憲立法を絶対に許さないと。 
                     
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

12月 8日(日)・日本共産党奈良地区党会議
    9日(月)・12月議会本会議一般質問(予定)
   11日(水)・建設委員会・同分科会、厚生消防委員会・同分科会
   12日(木)・観光文教水道委員会・同分科会、市民環境委員会・同分科会
   13日(金)・総務委員会・同分科会
   15日(日)・日本共産党奈良県党会議
   16日(火)・上下水道統合集中審査
   18日(水)・12月議会最終日(議案採決)
 
   ※ 委員会に付託されている「三碓町宅地開発の中止を求める請願」等については「休会中の継続審査」になっていますから、12月議会中での「審査」は行われません。
  
2014年
 1月15日(水)・日本共産党第26回党大会(~18日まで)


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 若草山 豆知識 ⑤ 

 ● 鎌倉時代にさかのぼる境界争い
 
 奈良の正月を彩る若草山山焼きは、毎年10万人以上の見物人を呼び寄せる一大光行事でもあります。
 山焼きの起源は通説では、宝暦10年(1760)、東大寺と興福寺の境界争いを奈良奉行所が調停して、若草山を5万日の預かりにしたことだと言われています。
 山焼きは2月11日(紀元節の日)に行うのが恒例になっていましたが、昭和25年(1950)から成人の日の1月15日に変更されました。当日の山麓でのアトラクション、点火直前の打ちあげ花火などの演出も戦後に始まりました。平成12年(2000)から成人の日が第2月曜日に移行したので、山焼きもその前日の日曜日に行われています。

 点火は午後6時ですが、その前に春日大社の神職、興福寺、東大寺の僧によって神事が挙行されます。まず神職の手で運ばれた神火が水谷社近くの空き地でかがり火に点され、松明に移されます。その松明を掲げる僧兵を先頭に、一行は野上神社へ向かいます。無事を祈る神事が済むと、背丈を超える大松明にさらに火が移されて山麓の大かがり火へと運ばれ点火されます。合図の花火が一発上がり、ラッパが鳴り響くと、全山に待機する奈良市消防団員300人がいっせいに枯れ薄に火を放ちます。炎は30分から1時間かけて全山を覆い尽くします。


 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。