スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問準備

013年 12月 4日(水)  はれ    

 質問原稿の作成です。
 介護福祉課、課都市整備部長、人事課長、文化振興課長・・・入れ代わり立ち代わり「質問調整」の一日でした。

 DSCF8515.jpg
 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日のしんぶん赤旗日刊紙「奈良市議 松岡克彦 手記」が掲載されました。
 結構スペースをとっての記事です。

 大阪の元証券の職場の仲間から「しんぶん見たで~~。頑張ってるんやなぁ~」との電話もいただきました。 

 松岡
 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

 国民の目、耳、口をふさぎ、言論表現の自由まで奪うのか。秘密保護法案と軌を一にした自民党・石破幹事長の“じぇじぇじぇ”発言。戦前に戻してなるまいと、怒りの声はさらに広く強く。
流行語 ● 2013年「流行語大賞」候補
 東京五輪招致で世界にアピールした“お・も・て・な・し”。見返りを求めない無私無欲の精神などと紹介しましたが、徳洲会マネーから5千万円を提供された猪瀬都知事はどうか。まともな説明もできず、知事の座にしがみつく。謙虚な心とは、ほど遠い。
 名護市辺野古(へのこ)の海に、新基地建設を強引に進める安倍政権。自民党本部は、沖縄の所属議員や県連を脅し、県民との公約を裏切らせています。いつまでも米軍基地を押しつける政府に、間近の名護市長選をはじめ、オール沖縄の“倍返し”が待っているはず。
 ことしの流行語大賞は豊作といわれ、盛況でした。ふたを開ければ30年の歴史で最多の4語同時受賞。「言葉で元気になるのは、時代が元気になることと思ったので、手応えを感じた選評だった」とは、選考を務めた俵万智(たわらまち)さん。
 生命力をもった言葉が次々と世に出るのは、時代の空気が激しく揺れ動いている証しなのかもしれません。わたしたちは日々、その息吹をともに感じながら生きています。
 師走に入り、寒さは一段と厳しい。しかし各地で、各分野で、たたかいの炎は燃え盛っています。人権や自由をむしりとり、社会を窒息させる秘密法案。6日の会期末にむけ、国会の内外でいっそう大きな声を。廃案にするなら、“今でしょ!”。     
                     
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

12月 6日(金)・12月議会本会議代表質問(予定)
    8日(日)・日本共産党奈良地区党会議
    9日(月)・12月議会本会議一般質問(予定)
   11日(水)・建設委員会・同分科会、厚生消防委員会・同分科会
   12日(木)・観光文教水道委員会・同分科会、市民環境委員会・同分科会
   13日(金)・総務委員会・同分科会
   15日(日)・日本共産党奈良県党会議
   16日(火)・上下水道統合集中審査
   18日(水)・12月議会最終日(議案採決)
 
   ※ 委員会に付託されている「三碓町宅地開発の中止を求める請願」等については「休会中の継続審査」になっていますから、12月議会中での「審査」は行われません。
  
2014年
 1月15日(水)・日本共産党第26回党大会(~18日まで)


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 若草山 豆知識 ⑤ 

 ● 鎌倉時代にさかのぼる境界争い
 
 奈良の正月を彩る若草山山焼きは、毎年10万人以上の見物人を呼び寄せる一大光行事でもあります。
 山焼きの起源は通説では、宝暦10年(1760)、東大寺と興福寺の境界争いを奈良奉行所が調停して、若草山を5万日の預かりにしたことだと言われています。
 山焼きは2月11日(紀元節の日)に行うのが恒例になっていましたが、昭和25年(1950)から成人の日の1月15日に変更されました。当日の山麓でのアトラクション、点火直前の打ちあげ花火などの演出も戦後に始まりました。平成12年(2000)から成人の日が第2月曜日に移行したので、山焼きもその前日の日曜日に行われています。

 点火は午後6時ですが、その前に春日大社の神職、興福寺、東大寺の僧によって神事が挙行されます。まず神職の手で運ばれた神火が水谷社近くの空き地でかがり火に点され、松明に移されます。その松明を掲げる僧兵を先頭に、一行は野上神社へ向かいます。無事を祈る神事が済むと、背丈を超える大松明にさらに火が移されて山麓の大かがり火へと運ばれ点火されます。合図の花火が一発上がり、ラッパが鳴り響くと、全山に待機する奈良市消防団員300人がいっせいに枯れ薄に火を放ちます。炎は30分から1時間かけて全山を覆い尽くします。


 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。