スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西浦忠内さん

013年 12月 1日(日)  はれ・のちあめ    

 昨日のブログに「コメント」を寄せてくれました。
 以下、紹介します。

 「西浦忠内さんは、100歳で日本共産党に入党。当時、そのことが『赤旗』に報道されどれほど多くの人を激励したことでしょう。104歳で水平社運動、部落解放運動に捧げた生涯を閉じられました。」
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一昨日、奈良県が若草山にモノレールを設置しようと「計画」している問題で、文化庁に「設置を許可しないよう求める要請書」を提出しました。
 対応した同庁文化財部記念物課の山下信一郎文化財調査官らは「計画の内容は奈良県から聞いていない」とし、「名勝の価値を損ねる現状変更は認められない。検討状況を県に確認したい」と答えました。

20131129_895896[1]
     
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

往路

 訪問の一日。
 地域を歩いていると、道路の痛みが激しいところ、側溝の危険なところ・・・・あちこち目に付きます。
 生活道路の改修も急務です。

西大寺

 締めくくりは、18時からの西大寺地域での「ミニ集い」。
 女性を党に迎え入れることが出来ました。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの 潮流 

「木曽路はすべて山の中である」。島崎藤村『夜明け前』の書き出しです。山林の面積が95%を占める長野県木曽町。奥深い山間の地で、合併前とあわせて16年も町長を務めた田中勝己さんが退任しました。
木曽 ● 田中勝己木曽町長
 しばらくは、講演やあいさつ回りに忙しそう。それもそうでしょう。過疎や高齢化に悩む地方自治体が、手本にと思うような町づくりを実践してきたのですから。話を聞きたいという人たちは多いはず。
 田中町長が定めた「まちづくり条例」は、徹底した住民自治、住民参加が特色です。各地域に自治組織をつくり、町づくりに参加してもらう。住民の提案を重んじて、上からの押し付けはしない。どこかの首相と正反対の情報公開。
 ふるさとの豊かな自然や歴史、文化から改めて学ぼうと、木曽学研究所や木曽学講座を開設。関所のある「おもてなし」の宿場町、地元の食材を生かした特産品、音楽祭をはじめ、独自の産業を育て、町おこしに生かしてきました。
 日本共産党員町長として、住民が主人公を土台に「町づくりは町民の気持ちの高揚と団結」を信念にしてきた田中さん。そのとりくみへの評価は最近の町民アンケートにも表れています。「住みよい」「愛着を感じる」と答えた人が、ともに8割をこえました。
 自民党政治のもとで地方自治体の危機や地域経済の衰退がすすむなか、全国が注目した木曽谷の夜明け。田中さんと町民がまいてきた種が、「町政の継続」をうたった新しい町長、町政に引き継がれることを期待したい。    
                     
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

12月 2日(月)・秘密保護法反対集会・パレード 18時~ 於:近鉄奈良
    3日(火)・12月議会開会
    6日(金)・12月議会本会議代表質問(予定)
    8日(日)・日本共産党奈良地区党会議
    9日(月)・12月議会本会議一般質問(予定)
   10日(火)・12月議会本会議一般質問(予定)
   12日(木)・建設委員会・同分科会、厚生消防委員会・同分科会
   13日(金)・観光文教水道委員会・同分科会、市民環境委員会・同分科会
   15日(日)・日本共産党奈良県党会議
   16日(月)・総務委員会・同分科会
   18日(水)・上下水道統合集中審査
   20日(木)・12月議会最終日(議案採決)
 
   ※ 委員会に付託されている「三碓町宅地開発の中止を求める請願」等については「休会中の継続審査」になっていますから、12月議会中での「審査」は行われません。
  
2014年
 1月15日(水)・日本共産党第26回党大会(~18日まで)


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 若草山 豆知識 ③ 
 
 1、若草山は「三重の山」(麓から「一重目」「二重目」・・・)になっています。古く(かなり古く)の「火山の噴火(三回)により形成された」と言われています(地質調査で判明と)。
 2、若草山の頂上には「鶯塚古墳」(うぐいすづか こふん)が残されています。
 3、日本では、古くから「山」は信仰の対象とされており、「若草山」も同様の「対象」でした。清少納言の「枕草子」にも登場するそうです。
 4、奈良盆地には「奈良盆地東縁断層帯」が南北に走っていますが、その中に「市ノ井断層」があります。若草山の地層は約1300万年前、隣の御蓋山(みかさやま)の地層は約1億年前とされており、その間に「市ノ井断層」が走っているそうです。   


 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。