スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱領学習

013年 11月18日(月)  はれ・のちくもり
 
 団会議です。
 定例の「綱領教室=志位さんの」本の学習から始まります。

 先週から始まった「綱領学習」。
 先週は「はじめに――― なぜ綱領を学ぶのか」を行いました。
 今日は、第一章 戦前の日本社会と日本共産党
     ―――なぜ戦前から始まるか を学びます。

学習

 「ここには日本共産党の立党の精神がある」。
 「この時代の私たちの先輩たちの生き方から何を引き継ぐか。どんなに困難な情勢のもとでも社会進歩の正義意を貫き、その事業が最後には勝利するという展望を失わなかった不屈性を学ぶ」ことになります。

 本に紹介されている「小林多喜二の生き方」とともに、小林多喜二のお母さん(小林セキ)の生きざまが紹介されています。
 読みながら、目頭が熱くなりました。 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 4時から西大寺駅北口で、「特定秘密保護法阻止・消費増税反対」の宣伝・署名行動があります。
 寒い日でしたが、皆さんの感心・怒りの声の大きさを感じました。 

DSCF8413.jpg
    
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 地域の「九条の会」から行事へのお誘いがありました。今回は横浜市の慶応大学構内にある日吉台地下壕(ごう)の見学会です。ここは太平洋戦争末期に連合艦隊の司令部が置かれた場所です。
地下壕入り口[1] ● 慶応大学構内にある日吉台地下壕
 「会」では昨年から戦争遺跡をめぐってきました。身近に残る戦争の爪痕を肌で感じながら、過去の悲惨な経験を学び伝えようというもの。ほかにも映画の上映会や鑑賞、焦点となっている問題の学習会と、活動は多彩です。
 これまでも、公民館と連携して憲法講座を開いたり、各地の九条の会やいろんな団体と共同して運動の輪をひろげてきました。来年は発足から10年。「平和を脅かす安倍政権のもとで、たくさんの手をつなぎたい」と意気も高い。
 各地で、各分野で、いまや7千を大きくこえた九条の会。その豊かなとりくみを、5回目となる全国集会で交流しました。「9条と自分たちの未来を考えたい」と、ほかの大学生と協力し、大規模なイベントを計画している東京の学生。「見やすく、わかりやすく、捨てにくい」を合言葉に、大型ビラ40万枚を作って配った広島の会。旺盛な署名集めや新聞に意見広告を載せた会も。
 東北からは、住民の命と暮らしを守る首長の多くが会に参加しているという、心強い報告もありました。
 呼びかけ人で作家の大江健三郎さんは語りかけます。「いま私たちが生きていられるこの世界と環境を、次の世代に渡すことが根本的なモラル」だと。日本国憲法を守り未来につなげていく活動は、希望をひらいていく力です。      
            
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

11月 19日(火)・厚生消防委員会
         ・市議団主催の「ごみ問題学習会」 10:30~ 於:県文館
          講師:岩佐恵美(日本共産党元衆院議員)
   20日(水)・平成26年度奈良市予算要望 13:00~ 
   23日(土・祝)・松岡かつひこ後援会行事:もみじ狩り 於:月ヶ瀬へ
   26日(火)・消費税増税阻止・秘密保護法案廃案へ署名・宣伝 於:西大寺駅北口
   27日(水)・奈良市革新懇年次総会
12月 8日(日)・日本共産党奈良地区党会議

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。

 ■ 豆知識
 1、若草山の中腹までは、きれいな芝生になっていますが、あれは、鹿が新芽を食べて、その糞が養分となり、新たな新芽が・・という自然のサイクルで保たれています。
 2、若草山一重目の中腹に柵があるのは、「山焼き用」のためなのです。鹿がそれ以上登ると草を食べ、山焼き用の草がなくなるかららしい。
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。