スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いそかわ前宣伝

013年 11月15日(金)  あめ・のちくもり

 秋雨・・・・・。朝から糸みたいな雨です。
 この時期、一雨ごとに寒くなります。

 銀杏の木も少し色づき始めました。緑と赤と黄色・・・見事なコントラスト。
 しばらく楽しめそうです。

DSCF8350.jpg

 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 毎月第一・第三金曜日は、あやめ池南の「あやめ池商店街」(スーパー「いそかわ」前)での宣伝です。
 雨が心配されましたが、今日も行いました。

 国政問題では、やはり「秘密保護法」でしょうか。
 奈良市政では「上下水道の統合問題」「若草山モノレール問題」、さらには地域要求で「あやめ池北」にある市有地を”ちびっこ広場に”の声を紹介しながら、その実現に「お力お貸しください・・・」と訴えます。

 後援会の皆さんも来てくれ、「松岡かつひこレポート」(11月号)を配布してくれました。 
 買い物に来ている皆さんや、通行しているみなさん、みんな暖かい。励ましをいただける宣伝となっています。

かつひこ

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 あやめ池駅から阪奈菅原までの区間が自動車の速度制限が40キロでしたが、このほど30キロに規制されました。
 この間、学校関係者・保護者のみなさん等から「危険だ」「なんとかして欲しい」との声のもと、奈良市、奈良県警察に要望していました。
 みなさんの声が動かした成果だと思います。

DSCF8359.jpg
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 生活保護を受けている世帯数が過去最多となりました。厚労省が発表した最新の8月分の調査結果をみると、159万249世帯、受給者は約216万人です。同省は「全体の伸びは落ち着いてきている」といいます。
しんぶん 
 しかし実際には、生活保護を必要とする人は現在の5倍にものぼるといわれています。貧困と格差がひろがるなかで、利用したくてもできず、苦しい生活をがまんしている実態があるのです。
 先月末、生活保護を却下した行政を断罪する判決が大阪地裁でありました。何度も派遣切りにあい、職を探し続けても見つからず、パンの耳を食べる極貧生活を送っていた男性。5度も申請しましたが、仕事を探せと冷たく門前払いされました。
 裁判は「申請者の状況を個別に考慮すべきだ」と、実情に寄り添うことを強調。働く意思はあったが働く場がなく、保護が必要だったと却下を取り消しました。
 欧州などに比べ、日本は生活保護がとても利用しにくい。そのうえ安倍政権は受給額を削り、いまの国会で申請すらさせない制度に変えようとしています。自己責任や自助をせまり、国民のなかに「たたきあい」をひろめる。これでは生きようとする人たちを追いつめるだけです。
 「生きてていいよって、人が肯定される制度」「自立を支えてくれた」―。さまざまな事情を抱えて制度を利用した人たちは、口々に必要性を説きます(『生活保護で生きちゃおう』)。命と人間の尊厳を守る制度を、これ以上後退させるわけにはいきません。   
            
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

11月16日(土)・全国革新懇交流集会 於:堺市
   17日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー
   19日(火)・厚生消防委員会
         ・市議団主催の「ごみ問題学習会」 10:30~ 於:県文館
          講師:岩佐恵美(日本共産党元衆院議員)
   20日(水)・平成26年度奈良市予算要望 13:00~ 
   23日(土・祝)・松岡かつひこ後援会行事:もみじ狩り 於:月ヶ瀬へ
   26日(火)・消費税増税阻止・秘密保護法案廃案へ署名・宣伝 於:西大寺駅北口
   27日(水)・奈良市革新懇年次総会
12月 8日(日)・日本共産党奈良地区党会議

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ■ 若草山にモノレール建設はいらない
   先人が守り継いできた、歴史的文化財と自然が一体におりなす奈良公園を守ろう!


若草山
 「奈良」といえば「若草山」。春をよぶ若草山の山焼き。桜爛漫に継いで、若草山が全山をおおい、鹿が若草を食み、子どもの遠足の声が弾み、家族の笑い声が広がる。しかも、この地は奈良の世界遺産・文化的景観の最も象徴する場所・・・・・・・。
 こともあろうに、奈良県は「バリアフリー」という名目で「モノレール」を建設しようとしています。計画では若草山の麓から世界遺産の中心部「春日山原始林」との境界を通り、芝生の山腹を登り、一重目頂上の駅までを繋ぐ計画です。
 頂上までは今でも「車」で行けます(奈良奥山ドライブウェイで)。
 私たちは、今「若草山モノレール計画は中止を」の署名(県知事あて)を取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。

 ■ 豆知識
 1、若草山の中腹までは、きれいな芝生になっていますが、あれは、鹿が新芽を食べて、その糞が養分となり、新たな新芽が・・という自然のサイクルで保たれています。
 2、若草山一重目の中腹に柵があるのは、「山焼き用」のためなのです。鹿がそれ以上登ると草を食べ、山焼き用の草がなくなるかららしい。
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。