スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌になります。

013年 10月23日(水)  あめ

 自身でも、いやになります。が、まだまだ引きずっています。
 あれこれと頭の中に出ては消え、消えてはでる始末。
  
 どうしたものか・・・・。
 いっそ、真っ白にしようかとも思います。
 
 昨日・今日・・・短い「ブログ」になります。
 せっかくブログにきていただいた皆さんに、申し訳なく思います。

 ※ 今日は写真はありません

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 テレビを媒体にして世にひろく活躍した文化人が相次いで亡くなりました。漫画家の、やなせたかしさんと、コラムニストの天野祐吉さんです▼やなせさんといえば、子どもたちに大人気のアニメ「アンパンマン」。おなかをすかした人に自分の顔を食べさせる異色のヒーローです。誕生の背景には、自身が体験した戦争がありました▼戦地で一番つらかったのが空腹でした。「もし正義の味方だったならば、最初にやらなくちゃいけないことは、飢える人を助けることじゃないかと」(『何のために生まれてきたの?』)▼今年のこどもの日にあわせて「赤旗」日曜版に登場。「本当の正義は人を殺すことじゃない。ミサイルを撃ち込むことでもない。そこにひもじい人がいれば、それを助けることだ。これだったら万国共通だ」▼広告やCM批評を通して世相や社会を論じた天野さんも反戦を貫きました。みずから創刊した雑誌『広告批評』で「まず、総理から前線へ。」「とにかく死ぬのヤだもんね。」と反戦広告を特集。自民党の選挙ポスター「日本を、取り戻す」についても「取り戻したいのは利権や軍隊」と喝破しています▼3・11後、二人の創作意欲は増しました。90歳をこえたやなせさんは復興支援のCDや新作映画を制作。天野さんは共産党の原発ゼロの提案に賛同し、「いまは原発がいらない暮らしのサイズ、暮らしの形を考える時」と発言します。権力や時代の流れにおもねらず、庶民感覚と平和を大切にした反骨の両人でした。  
       
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

11月 1日(金)・建設委員会 13時~ 私も質問に立ちます。
    5日(火)・観光文教水道委員会
    7日(木)・市民環境委員会
    8日(金)・総務委員会
   13日(水)・自治体キャラバン要望提出
   16日(土)・全国革新懇交流集会 於:大阪堺市
   17日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー
   19日(火)・厚生消防委員会
  
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。