スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正社員が当たり前の社会に・・・

013年 10月13日(日)  はれ

 あやめ池神社の秋祭り。
 今日は「こどもみこし」が町内を歩きます。

みこし1

みこし2

 沿道では、皆さんが自宅から出てきて、眺めます。

 
 三輪神社の秋祭りの日でもあります。
 三輪神社のほうも「みこし」が出ました。

 どちらも、子どもたちも参加できるように、「みこしを担ぐ」ことはせず、引いています。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 挨拶と、しんぶん赤旗のお勧めに回ります。
 今日は、小林てるよ県議も同行してくれました。

 1、高齢者の福祉施設を運営している方のお宅で・・・
 「介護認定の”要支援1・2”が介護保険から外されようとしていますね。おまけに特別養護老人ホームから追い出される人(入所できるのは「要介護3以上」とか)が出るような話が出ていますし・・・・許せませんね。消費税引き上げの理由に『社会保障にお金がかかる』。笑わせるんじゃないよ」と怒りの声。

 2、中小業経営者のお宅では・・・
 「消費税増税で、景気が落ち込むのが心配ですね。事業が順調に行っていますし、設備投資もしたところ。絶対消費が落ち込むと思いますよ」と。それと「派遣を原則自由化してからおかしくなった。」と話します。
 「うちは、社員はすべて正社員。派遣などにすると”やりがい”が薄れると思うのです。取引先の経営者から『お宅の製品はミスがない。社員を大切にしているからでしょうね』と褒めていただきましてね。うれしかった。」と顔がほころびます。「”技術の継承”にしても、将来の生活設計でも、やはり正社員にしないとだめだと思いますよ」と言い切ります。
 さらに、「もう政党では、日本共産党しか信じるところ、期待できるところがない。民主党や、維新にはとことんだまされた。頑張ってください」。と逆に励まされます。
 最後に、「私たちの世代は、親から『共産党は怖い』と教えられてきましたが、中国・ソ連(ロシア)とだぶついて見えるところを、もっとわかりやすく説明をすると、日本共産党は伸びますよ」と。

photo171125[1]                        ● 東大阪の中小企業(記事と関係ありません)

 その他、たくさんの人と話が出来ました。
 もちろん、「こんにちは~、ごあいさつに来ました。市会議員の・・・」と言い出したところで、ドアを”ピシャ”と閉められたお宅もあります。

 しかし、めげるわけにはいきません。
 安倍自公政権の暴走で苦しめられている皆さんと一緒に「世直し大運動」を成功させたいと思います。

 今日は、しんぶん赤旗日刊紙が1軒で、日曜版が2軒で新たに購読してくれました。 
     
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 まさか、この時期に熱中症の心配をするとは。1875年の統計開始から、東京では最も遅い真夏日を記録。思わぬ季節の逆戻りに各地で半袖姿も目立ちました。
 10日に32度近くまで気温が上がった鹿児島の薩摩川内(さつませんだい)市では、週末に大規模な原発事故の避難訓練が行われました。九州電力の川内原発で原子炉の冷却機能が失われたと想定。暑さのなか、お年寄りから子どもまで3000人をこえる住民が駆り出されました。
201310110008_000[1] ● 川内市の「原発事故避難訓練」
 原発のある自治体の多くは避難計画もありません。もっとも計画をつくったところで実現できるか。一度に大量の移動、避難手段や場所の確保、そして気象条件…。「本当に逃げられるのか」。住民の不安は募るばかりです。
 事故を起こした福島第1原発では、2年7カ月が過ぎてなお、放射能汚染はひろがり、収束の道筋さえみえません。先日も高濃度の汚染水が漏れ、作業員6人が被ばくしました。取り返しのつかない原発事故の深刻さを示します。
 いま安倍政権のもとで、原発再稼働の動きが加速しています。対して、「原発いらない」の国民の声は、全国で途切れることなく上がっています。首相官邸前で抗議行動をつづけてきた首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんはいいます。「わたしたち市民の粘りづよい活動が、政治や社会を変えていく力になると思う」。
 きょう、国会や霞が関の周りに原発ゼロ、再稼働許すな、の声が響きわたります。命を守れ、日本の未来をわれらに、その思いをひとつにして。 
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

10月16日(水)・若草山モノレール構想視察
   17日(木)・佐用町長選挙(山田兼三元南光町長が立候補)応援
   18日(金)・建設委員会正副委員長打ち合わせ
   19日(土)・あやめ池小学校運動会
   20日(日)・吉田病院友の会「健康まつり」
11月 1日(金)・建設委員会
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。