スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平城宮跡埋め立て問題

013年 10月10日(木)  はれ

 若草山の「モノレール」構想・・・。
 反響が大きい。もちろん、「何を考えているのか」「絶対許せない」という批判のほうです。

 県が考えている「モノレール」とは、別掲の写真のようなイメージだそうです。
 やはり、どう考えても納得がいきません。

モノレール                           ● 県が構想している「モノレール」のイメージ

 単純に「観光地だから観光客の便利なように」との発想とはいきません。
 世界的に見ても、「観光地(それも「世界遺産」)では、さまざまな”規制”」があります。
 自動車の乗り入れ禁止などもその一例でしょう。
 世界遺産を保護するのが行政の最大の責任です。春日山原始林にしても、東大寺にしても「景観」というのが大きな意味合いを持ちます。もちろん、現状変更を行う場合は「世界遺産委員会」への報告が求められますし、「世界遺産登録抹消」ということにもつながりかねません。

 毎年行われる「山焼き」への対応はどうするのか・・・。

 問題だらけの「モノレール」。
 次の建設委員会(11月1日)の大きなテーマになります。

 10月16日(水)に、現地視察を行います(13時~ 新県公会堂集合)で。
 ご希望の方の参加も自由です。
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF8013.jpg

 4時から「平常宮跡埋め立て問題」で、現地調査・聞き取りを行いました。
 市民団体が計画したもので、私も参加、現状についての調査をしました。
 国土交通省平城分室に行き、副所長が対応しました。

 昨年11月10日「平城宮跡を埋め立てる場合、埋め立てた後の雨水等浸透状況がどうなるか、実験して公表する」としていたが、その結果についてお聞きしました。

DSCF8012.jpg

 「実験はしていない。埋め立て業者が決まれば、どれだけの浸透状況になるか、きちんと実験する」との答え。
 「それでは、埋め立てが”前提”ではないか。仮に、地下水位が下がったら、『木簡』など、壊れてしまう恐れがある。約束と違うではないか・・・・」・と紛糾。

 再度、市民に「経過と現状、計画」を説明すべきだとの要請のもと、「検討して返事する」となりました。

DSCF8009.jpg

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 滋賀県の甲賀市会議員選挙が20日投票で行われます。
 知り合いの議員がいます。
 本来なら、支援に行かなければならないのですが、何せ、佐用町長選挙(山田兼三元町長が立候補)の支援(10月17日に行きます)も重なり、甲賀市に行けなくて残念です。

 日本共産党現職4名の確保目指して頑張っています甲賀市議選。頑張ってほしいと思います。
 私のブログを見ていただいている皆さんの中で、甲賀市にお住いの、お知り合いの方がおられましたら、お声掛けいただければと思います。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 ヤマトシジミという蝶(ちょう)がいます。貝にも同じ名前があって、そちらの方が知られているかもしれません。蝶は公園や道端にも生えているカタバミという植物が大好物で、これを食べて成長するせいか、どこでも見られます。
ヤマトシジミ ● ヤマトシジミ 
 大きさが1~2センチと小さく、地面近くを飛んでいるため、その存在に気づかない人もいるでしょう。でも、夏が過ぎ大きな蝶の姿もめっきり少なくなるころ、ちらちら飛び回る蝶が目に入ってくるはずです。羽を広げたオスは淡いブルーが美しい。
 この蝶が、東京電力福島第1原発事故による放射能の影響を調べる生物として注目されています。琉球大学の大瀧丈二氏が研究内容を紹介しています(『科学』9月号)。たとえば事故から数カ月後に福島県から採集したカタバミを、沖縄県で採集したヤマトシジミに食べさせています。すると、カタバミの放射線量に応じてヤマトシジミの死亡率が上昇したとのこと。
 「ヤマト(大和)」という名前にあるように、国内に広く分布しています。しかし、あまり遠くへ移動しないので、地域の環境変化が生物に与える影響を調べるのに適しているようです。
 ヤマトシジミは葉っぱや花に止まると、左右の後ろ羽を互いにすり合わせる行動をします。人間の目にはかわいらしく映りますが、これは外敵の目を尾に引きつけるためのカムフラージュの行動だとの話も。
 必死で生きているのでしょう。小さな生きものが教えてくれることはたくさんあります。なにより大事故の証言者です。
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

10月12日(土)・あやめ池幼稚園うんどう会
   17日(木)・佐用町長選挙(山田兼三元南光町長が立候補)応援
   18日(金)・建設委員会正副委員長打ち合わせ
   19日(土)・あやめ池小学校運動会
   20日(日)・吉田病院友の会「健康まつり」
11月 1日(金)・建設委員会
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。