スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災対策

013年 8月16日(金)   はれ 

 「我が家の震災対策」ー 巨大地震の被害に備えよう
 奈良県が発行している「リーフレット」(写真・平成23年3月版)です。

DSCF7624.jpg

 京都南部から奈良市・天理市・桜井市の南北に走る「奈良盆地東縁断層」。
 この断層でマグニチュード7,5の地震(内陸型地震)の規模が起こった場合、
 ●死者   5,153人
 ●負傷者  19,045人
 ●住宅全壊 119,535棟
 ●住宅半壊 83,442棟
 などの被害が想定されています。
 
 一方、海溝型地震(代表例「東南海地震・南海地震同時発生」マグニチュード8,6の場合)
 ●死者   4人
 ●負傷者  414人
 ●住宅全壊 1,253棟
 ●住宅半壊 1,184棟 など。

 リーフレットには、上記の被害想定のもと、①家具の転倒、落下を防ぐ、②住まいの耐震化を進める、③家族の連絡方法の確認、④日頃から準備しておきたいのも、そして、「地震発生時の心得」などが記されています。

 皆さんの自宅でも、準備は万全でしょうか?

 「リーフレット」のお問い合わせは、奈良市「危機管理課」(電話:0742-34-1111<代表>)まで。
   
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 終戦の後、日本人の平均寿命は男女とも50歳代でした。1950年に女性が初めて60歳をこえましたが、日本は先進国中で最下位。それが昨年は、女性が86・41歳で世界一、男性も79・94歳で過去最高を記録しました。
畑田 ● 畑田重夫さん
 戦後の寿命の伸びは、平和の尊さとともに、命を慈しんできた日本人の生き方の表れでもあるでしょう。長寿社会になったいま健康への関心はつよい。ちまたには体にかんする本や食品があふれています。
 来月90歳をむかえる国際政治学者の畑田重夫さんが本を出版しました。題名は『畑田重夫の卒寿の健康力』。幼少から体が弱く、軍隊でうけた持病の手術も失敗し、その後遺症に苦しめられた若い日々。それがニンニク療法によって劇的に改善していきます。
 禁煙・節酒や規則正しい生活をはじめ、健康によいと思われることは何でもやり、よくないことは絶対にやらない。徹底した自己管理を貫きます。
 その健康法から学ぶ点は多い。しかし本人は、この本は人生論だといいます。なぜ、そこまで健康にこだわるのか。畑田さんは学徒出陣の同期の仲間をすべて戦争で失いました。ひとり生き残った自分はいかに生きるか。人生の大きなテーマになりました。
 憲法を守り生かし、日本の平和、民主主義、社会進歩に貢献するために、一分一秒でも元気に長生きしたいという畑田さん。先日お会いしたときも、あの穏やかな笑顔から信念が伝わってきました。「健康と生命に勝る大義なし」。全力で懸命に生きる姿を見習いたい。     
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

8月10日、日本青年会館で開かれた「日本共産党創立91周年記念講演会」(録画)を下記からご覧いただけます。ぜひ、お立ち寄りください。
 ※ 下記をコピーして、接続して観てください。
 http://www.youtube.com/watch?v=LKAOKn1uvyA&feature=youtu.be

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 8月19日(月)・臨時議会開会=議長・副議長、常任委員会委員長・副委員長など役員選挙 
   25日(日)・市田書記局長がとことん語る「日本共産党を語るつどい」
          1時30分~ ならまちセンター(入場無料)
         ※ どなたでも参加できます。ぜひお越しください。  

市田

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。