スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員総会(8月臨時議会)

013年 8月12日(月)   はれ 

 8月10日、日本青年会館で開かれた「日本共産党創立91周年記念講演会」(録画)を下記からご覧いただけます。ぜひ、お立ち寄りください。
 ※ 下記をコピーして、接続して観てください。
 http://www.youtube.com/watch?v=LKAOKn1uvyA&feature=youtu.be
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総会

議員総会 ● 前列右端は他会派の議員。

 今日は、全議員総会。
 先の市会議員選挙であらたに”当選”した議員が一堂に会し、今後の議会運営の体制を決めます。
 今日は、新会派・議員の自己紹介、これからの日程について話し合われました。

 7名の日本共産党議員団の「奮闘」と選挙期間中にお約束した「公約実現」に向けて、決意も新たにしました。

 「会派」でいえば、すでに「日本共産党(7人)」「公明党(7人)」「奈良未来(8人)」「自民(4人)」がすでに届けられていましたが、今日の朝、「改革新政会(5人)」が届けられました。

 ???「民主」は?
 「民主党」で選挙を戦って当選した4人と「Y」氏をあわせ、5名が「改革新政会」。
 「民主党」の看板をおろしてしまいました。
 幹事長の「Y」氏は、「国政と市政とはちがう・・・」と。えっ?????????。

 日本共産党奈良市会議員団の控え室は、これまでと同じ「議会棟、西北の角」になりました。お立ち寄りください。

 本会議場での「仮議席」が決まりました。
 日本共産党奈良市会議員団は「演壇」から見て左端(傍聴席からみて右端)。前列に、11番山本直子議員・12番白川健太郎議員、2列目に23番小川正一議員・24番北村拓哉議員、3列目に34番井上昌弘議員・35番私、松岡・36番山口ひろし議員となりました。
 来週の月曜日から「正副議長選挙」「常任委員会割り振り・正副委員長互選」などが行なわれることになります。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 8月から「生活保護費削減」が強行されたことについて、奈良市長に申入れを行ないました。

生活保護申し入れ ● 左端が福井副市長、右端が私。
 
 8月からの「生活保護費の削減」によって市民の中に怒り・不安が広がっていることを受け、仲川げん奈良市長に「申し入れ」を行ないました。
 8月1日の保護費支給日には、市役所の窓口で“なんで減らされているのか”“きちんと説明してほしい”等の意見や苦情が殺到しました。対応した市の職員も「国の基準が変わったから」としか答えられず、怒りの声が広がりました。ある女性の方は「1日500円の食費で切り詰めています。これ以上どうやって切り詰めれば良いのですか・・・」と切実な声を上げました。
 今回の「生活保護費削減」は参院選挙が終わってから「通知」が届くと言うもので、「“闇討ち”にもにたものだ」との批判があがっており、今後の「社会保障削減計画」とも連動して、自公政権への大きな怒りとなることは必至の状況です。
 申し入れ内容は、①保護費削減の内容について受給者に説明をすること。②今回の削減が受給者にどのような影響を及ぼすか実態把握をすること。③他の制度(就学援助制度等)などに連動する影響について実態を把握し、不利益にならないよう対策を講じること。④保護基準の引き下げを中止するよう国に求めること。など5項目。
 対応した福井重忠副市長は「受給者の皆さんにとっては、大変なことだろうという認識はもっています。他の制度に影響が及ぼさないようにしたい」と答えました。
   
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 躍進の喜びと、未来への希望が会場全体からわきあがりました。日本共産党の創立91周年記念講演会。毎年、聞きにくるという年配の女性は「こんなに明るく、楽しい雰囲気は初めて」。
 まずは、都議選で倍増した17人の都議がずらりと壇上に。最年少の25歳、米倉春奈さんから71歳のベテラン、小竹ひろ子さんまで。壮観です。都議会で第3党になった多彩な顔ぶれに「がんばれー、頼むぞー」の声がとびます。
 つづいて参院選の激戦を勝ち抜いた8人が登壇。拍手の波と名前が連呼されるなか、それぞれが暴走する安倍政権と対決する決意を熱く語りました。参院国対委員長の井上哲士議員は「一歩もひくことなく、立ち向かっていく」。
 本格的な躍進の流れをつくろう、と呼びかけた志位委員長の講演は確信と展望をあたえました。共産党が伸びた一方で、これまで自民批判票の受け皿になってきた政党が消えていった。霧が晴れて自共対決が鮮明になったとの説明に共感の拍手。
 選挙後も多くのマスメディアが共産党をとりあげています。党の姿を親しみやすく伝える企画も。歴史や綱領をはじめ丸ごと好きになってもらうことが強く大きな党づくりになると、志位さんは強調しました。
 創立講演会では党の不屈性がよく語られます。今回も「十数年にわたる反共作戦に立ち向かい、敗北から学び、党が鍛えられるもとで、みんなの力でつかんだ勝利」。最後にわき起こった共産党コールは、さらなる前進をめざす一体感にあふれていました。 
 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 8月19日(月)・臨時議会開会=議長・副議長、常任委員会委員長・副委員長など役員選挙 
   25日(日)・市田書記局長がとことん語る「日本共産党を語るつどい」
          1時30分~ ならまちセンター(入場無料)
         ※ どなたでも参加できます。ぜひお越しください。  

市田

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。