スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境を護って・・・・

013年 8月 4日(日)   はれ 

くさかり

 先日「大池川(蛙股池~秋篠川)」の”草刈”について、小林県議を通じて県に申し入れをしましたが、「蛙股池」の堤防の草刈も切実です。

 車道に覆いかぶさり、車の通行にも支障をきたしています。
 明日(5日=月曜日)、市に申し入れたいと思います。
        
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

道路

 あやめ池南1丁目地内の道路の傷みが激しい。
 過日、「舗装してもらえないのでしょうか」との声をいただきました。
 さっそく自治会長に連絡して”周辺のみなさん”の同意も得ました。

 これも、明日に市に申し入れたいと思います。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 飛行機といえばアメリカのライト兄弟が有名です。いまから110年前、世界で初めて動力による有人飛行に成功したといわれています。しかし、その12年も前に画期的な実験に成功した日本人がいました。
飛行機
 愛媛の八幡浜で凧(たこ)づくり名人として通っていた二宮忠八(ちゅうはち)です。空を飛ぶものに強い関心があった忠八。カラスやトビウオを観察するなかで、固定した翼に推進力をつければ空を飛べるのでは、とひらめきます。
 竹とんぼをプロペラに、聴診器のゴム管を動力にしたカラス型の模型機をつくり、36メートルの飛行に成功。有人機の開発にも取りかかりました。もし、忠八への理解と資金援助があったら、航空史をぬりかえていたかもしれません(『ものがたり 日本の航空技術』)。
 日本人が初めて空を飛んだのは1910年。研究も盛んになり、航空機メーカーが次々と創業します。しかしそれは、戦争への歩みと足をそろえていました。世界の航空技術は性能や戦闘能力の向上を競っていくのです。
 映画「風立ちぬ」の主人公、堀越二郎もそんな時代を生きました。美しい飛行機をつくりたいと夢見る少年。やがて軍需産業の設計者として零戦づくりに結実しますが、映画は敗戦後、飛行機の残骸の山に立ち尽くす堀越の姿を描きます。
 「飛行機は戦争の道具ではない。美しい夢だ」。映画を通した宮崎駿(はやお)監督のメッセージ。人類の夢をのせて、ものづくりの力を結集してきた飛行機。人殺しの役目を背負ってきた悲しい時代に、もう別れを告げたい。  

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
    
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 8月10日(土)・日本共産党創立91周年記念講演会
   12日(月)・臨時議会(全員協議会・内示会)
   19日(月)・臨時議会開会=議長・副議長、常任委員会委員長・副委員長など役員選挙   

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤旗申し込み
                        ぜひ、お読み下さい。                 
      お申し込みは、松岡かつひこまで。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  


      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp 
  
     align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。