スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民健康保険料の引き下げを

013年 6月13日(木) はれ(めちゃくちゃ暑い)

DSCF7115.jpg

 奈良市長宛に取り組んできた「国民健康保険料の引き下げを求める署名」(「奈良市の国保をよくする会」が取り組んだ署名=日本共産党も参加しています。)を提出しました。

 この間に集めた署名は、短時日のなかでも1615筆になり、要求の強さを示しています。
 奈良市の国民健康保険加入者は約9万人(人口約36万人)です。
 年間保険料は、①所得割(被保険者の所得に応じて負担)+②均等割り(被保険者数に応じて負担)+③平等割(世帯ごとに負担)で構成されています。
 年間保険料の計算は、「医療給付費」「後期高齢者支援金分」「介護給付費(平等割については、40歳以上、65歳未満の人が対象)」をそれぞれたした額になります。

 所得がなくても、「均等割り」=約5万4千円、「平等割」=約3万円を納付しなければなりません(法定減免はありますが)。

 奈良市の保険料は、中核市のなかでも6番目、近畿の中核市(9自治体)でも一番高い保険料となっています。
 他の中核市では、一般会計から国保会計に約6億円を投入(繰入)して保険料の引き下げに努力していますが、奈良市の場合は、2億円だけの投入となっており、かろうじて「引き上げを抑える」という状況です。

 「ご商売している方は、とても払えないとなり、約3割も”滞納になっている”」と切実な声を届けました。
 この間、日本共産党奈良市会議員団は、「一般会計からの繰入金を増やし、『保険料の引き下げを』」と求めてきました。

 これからも、皆さんといっしょに声をあげ、議会でも取り上げ、頑張りたいと思います。

 今日は「明るい革新市政をつくる会」の中村あつ子市長予定候補、奈良市会議員と同予定候補などが同席しました。
 奈良市側は、市民生活部長・同次長、国保年金課長・同補佐の4人が対応してくれました。 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF7112.jpg

 それに先立ち、10時から「国民健康保険料」の”分割支払い”の要請に国保年金課に行きました。
 お近くに住む「K」さんの相談によるものです。

 Kさんは、独り暮らしです。
 毎月の保険料を「払える金額に」といっしょに要請しました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 太平洋側に接近した季節外れの台風のおかげで空梅雨の大地が潤いました。しかし日本海側や西日本には暖かい空気が流れこみ、真夏並みの気温に。熱中症の注意が呼びかけられています。
ポロロッカ ● アマゾン川を逆流する「ボロロッカ」
 最近、珍しい画像をテレビで見ました。ブラジルのアマゾン川で高波が川上に逆流し、そこでサーフィンに興じているのです。新月と満月の大潮によって起きる「ポロロッカ(大きな騒音)」という自然現象です。
 月が太陽と一列に並んで両方の引力が地球に加わるこの時期、生命の活動も活発になります。魚やカニの集団産卵やサンゴの産卵をはじめ、月の満ち欠けに導かれる命の神秘。地球が微妙なバランスの上に成り立っていることがわかります。
 ところが近年、バランスが崩れはじめています。毎年のように襲う異常気象もそのひとつ。今年もシベリア地方の夏の雪や欧州の壊滅的な洪水、アジアの寒波やブラジルの干ばつなど、変動は世界規模です。日本でも四季の狂いを肌で感じている人は多い。
 背景に、地球温暖化の影響を指摘する専門家は少なくありません。人間の活動によって排出される二酸化炭素や、森林破壊で地球の平均気温は上がる一方。氷が解けて海面は上昇し、沈没の危機に直面している島もあります。
 その要因になっている大量生産、大量消費の世の中。問題は、人類がそれを見直す社会や仕組みをまだつくれていないことでしょう。「奇跡の星」の絶妙なバランスを保っていく道は―。つよまる風雨のなか、思いはめぐります。    
                                        
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 当面の奈良市議会日程  

 6月14日(金)・本会議最終日
   
  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定
    
 6月15日(土)・JR日本共産党後援会決起集会
   21日(金)・女性宣伝

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。