スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休の谷間、朝から”罵声”が。

013年 4月30日(火) あめ・のちはれ

 朝方は大変な大雨でした。学園前駅南口での定例宣伝です。

 大型連休の谷間、仕事に行かれる方も多い。
 学生の「K」君も学校です。「学生は、カレンダーどおりです。まぁ、お金(小遣い)も少ないし、遊びに行けるほど余裕もありません」と笑いながらバスに乗っていきました。

 宣伝中に、近くに寄ってくる男性(50歳代でしょうか?)がいます。
 私の耳元まで来て「お前らを、だれも支持してへんぞ!」との罵声を浴びせられます。(初めてでした。)

 ”自分の主義・主張と違う相手”が目の前にいると「腹がたつ」のでしょうか。
 悔しくなります。いえいえ、いろんな人がいるのは理解します。もちろん自民党の支持者もいるでしょう。
 しかし、目の前に来ての”罵声”がです。気に入らない相手であっても、「存在を否定」するような言動は、その人の品位・資質が問われると思います。
 相手にならずにそのまま宣伝を続けます。(心の中で「真理は、いずれ、共通の認識になる」との言葉をかみしめました)

 もちろん、「頑張ってください」等の声をかけてくれる方も大勢います。
 それが私の元気の源です。 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 市役所の職員に「しんぶん赤旗」の購読の訴えに回りました。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 イラスト

 支持者の方から「イラスト」を書いて届けてくれました。
 「連絡メモのときにでも使ってください」とあります。
 すこし、格好が良すぎます。が、その心遣いが嬉しい・・・。
 使わせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 推理小説といえば、事件や犯罪に題材をとり、なぞや犯人を解明していく場合が多い。社会的な背景や複雑な心の内面にせまっていく過程に、つい時間を忘れて引きこまれてしまいます。
作家 故、作家の佐野洋さん
 昔から、民主的な裁判制度をもたない国では推理小説は育たない、といわれます。たとえば戦前の日本では、警察の拷問による自白が有罪の決め手になりました。これではアリバイを推理しても無意味で、小説も成り立ちません。
 そうした権力による犯罪や犯人のでっち上げに、いつもきびしい目をむけてきたのが作家の佐野洋さんでした。新聞記者の経験を生かした綿密な取材と調査で、辰野事件や布川事件をはじめとする冤罪(えんざい)を世に問い直しました。
 1986年に発覚した公安警察による日本共産党の緒方靖夫国際部長宅盗聴事件では裁判を支援。それをもとにした『卑劣な耳』で、国家権力である警察組織の怖さと汚さを描きました。
 マスコミ九条の会の呼びかけ人でもあった佐野さん。前に緒方さんとの対談で話していました。日本は今の憲法によって平和の哲学をもった国になった。たとえ海外派兵を要請されても、戦争を放棄した哲学を堂々と主張し、断ればいいと。
 軍国教育をうけた佐野さんは、はじめて憲法を読んだときに感激したそうです。だからでしょうか。大切な憲法を守る共産党に期待し、支持を寄せてきました。「後戻りさせることは子孫にたいする『犯罪』であり、それをくいとめるのが私たちの責務」。その遺志を引き継ぎたい。                                                      
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 当面の奈良市議会日程  

 5月 9日(木)・観光文教水道委員会
   10日(金)・厚生消防委員会 ※私が質問に立ちます。
   13日(月)・総務委員会
   ※ 常任委員会開会時間は、いずれも13時~ です。

 ■ 6月議会の予定
 5月29日(水)・内示会
 6月 5日(水)・議会開会
   10日(月)・本会議代表・一般質問
  ~12日(水)※今回、私は一般質問にたちます。
   13日(木)・14日(金)常任分科会、委員会

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定
 
 5月 1日(水)・メーデー

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。