スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんの”お力”が私の力

013年 4月 9日(火) はれ

 毎週発行している「松岡かつひこレポート」(B5サイズ2面)の作成です。
 だいたい、火曜日の早朝宣伝(学園前駅南口)を終えたあと、市役所に行き「レポート」を書きます。
 一週間の出来事、市政・議会の動き、みなさんの声を題材に作ります。

DSCF6581.jpg

 今週号は、昨日奈良市に提出した「市民アンケートで寄せられた”要望”」、「奈良県あかはたまつり」の案内、「身近な避難所」「年金」などを書きました。

 市役所でつくったほうがコピーなど便利だからです。
 その後、日本共産党の事務所に行き、印刷をします。

 もちろん、「ニュース発行」の費用(紙代・印刷代など)は自費です。
 明日の朝、あやめ池駅頭で後援会員の方が配ってくれることになっています。

DSCF6579.jpg

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 「市民アンケート」が返送されていますが、「自由記述欄」には以下の記述があります。

 「いつもありがとうございます。『松岡かつひこ通信』を通じて、地域の問題を解決していただいていることを拝見しています。今回、会員(後援会員)でもない住民に対して、このようなアンケートに回答させていただき、大変ありがたく存じます。今後も、大小さまざまな問題を取り上げていただきたく、よろしくお願いいたします。(略)」。

 こんな記述もあります。
 「松岡議員の早朝宣伝、よくお見かけします。他の政党とは違い、日ごろの活動にご熱心に取り組み、選挙の時だけでない点に感銘いたします」と。
 
 みなさんの励ましが、私の力です。
 私1人では力はしれています。やはり、みなさんと手を携えての取り組みのおかげだと感謝しきりです。

 これからも頑張って行きたいと思います。
 ぜひ、お力お貸しください。
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 「中学歴史教科書に『慰安婦』記述の復活を求める市民連絡会」主催の講演会で、大阪府内の公立中学校社会科教師・平井美津子さんの授業実践を聞きました。
慰安婦
 平井さんは、日本軍「慰安婦」問題を教え続けて17年。「なぜ戦争で女性たちが性の犠牲にならなければならなかったのかを考えることで、日本軍の本質、戦争の実相、当時の外国人差別と女性蔑視に迫り、日本の戦争責任と戦後補償から現代を問いたいと思いました」。
 生徒たちは事実を真っすぐに受け止め、口々に語ります。自分と同世代の子が性奴隷にされたことへの悲しみと痛み、いまだに謝罪も賠償もしない日本政府への憤り、真実を知った人間にはそれを語り継いでいく責任があること。
 「40年以上の沈黙を破って自ら声を上げ、日本政府を告発した慰安婦の人たちの勇気を私も持ちたい」と言った生徒もいました。「慰安婦」は単なる被害者ではなく、歴史を動かす主体であるという視座を、平井さんは生徒から学んだと言います。
 「歴史とは現在と過去の対話である」(E・H・カー『歴史とは何か』)という言葉の通り、過去を見つめることは、今をどう生きるのか、どんな未来をつくるのかにつながっています。
 侵略と植民地支配への反省もなく、「慰安婦」の強制性を否定する安倍政権の行き着く果ては、国防軍の創設であり、世界の平和を再び踏みにじる日本の姿です。「平和を願うなら事実を知らないといけない」―生徒たちの言葉に未来への希望があります。      
                                                
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 当面の奈良市議会日程  

 4月22日(月)・建設委員会
   30日(火)・市民環境委員会
 5月 9日(木)・観光文教水道委員会
   10日(月)・厚生消防委員会 ※私が質問に立ちます。
   13日(月)・総務委員会
   ※ 常任委員会開会時間は、いずれも13時~ です。 

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定
 
 4月10日(水)・あやめ池幼稚園入園式
   11日(木)・あやめ池小学校入学式
   12日(金)・伏見中学校入学式
   14日(日)・日本共産党奈良市後援会年次総会
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。