スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市政学習会

013年 4月 4日(木) はれ

DSCF6479.jpg

 日本共産党奈良地区委員会・奈良市会議員団主催の「市政」学習会です。
 7月の市会議員選挙を控え、「奈良市政をもっと詳しく学ぼう」と企画されたものです。

 この間、市会議員団が中心になり、分析・資料などを集めてわかりやすくパンフレット(A4版8頁)にまとめました。
 
 1、市民の願いは・・・くらしを良くして。歴史薫る自然豊かな奈良に
 2、ところが、今の市政は・・・くらしに冷たく、街こわし。地方自治もこわす
 3、市民の願いをはばんできたものは・・・ムダな開発。不公正な同和行政と「独断市長」
 4、市議会で対立している流れは・・・日本共産党 対 国いいなり悪政推進勢力
 5、日本共産党市会議員団のかけがえのない役割・・・くらしまもり、建設的提案
 6、大激戦となる市議選・・・7議席なんとしても
 7、比例5議席で日本の未来切り開く参院選挙に・・・力をお貸しください

 という構成になっています。
 「グラフや写真も豊富に取り入れ、読みやすくて判りやすい」と好評です。 
 
 ※ パンフレットは「後援会ニュース」(部内資料)ですので、不特定多数の方には配ることができません。
 ご希望の方は、【松岡かつひこ】までご連絡ください。
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 育児休暇が明けて、今月から職場に復帰した友人に久しぶりに会いました。認可保育園には入れず、無認可のベビーホテルに預けたといいます。
イラスト保育
 30代で初めての出産。夫は長時間労働の日々で休日出勤もあり、自分にかかる負担は大きい。仕事、家庭、育児と悩みはふえるばかりで、「生まなきゃよかったと思いたくはないけれど…」とため息です。
 そんな話を聞いたからか、本紙国際面の記事が目にとびこんできました。昨年フランスで生まれた赤ちゃんの数が、一昨年とほとんど変わらなかったというのです。世界的な不況で軒並み出生率が下がっているなかで、どうして?。
 その最大の理由は、家族生活とフルタイム労働を両立させる政策があること。働き方にあわせた多様な託児システムを安い費用で利用できる、家族への公的な支援が充実している、親が子どもに付き添うための休暇や有給の父親休暇がある、という具合です。
 フルタイム雇用の比率が高いフランスでは家族政策は重要な柱でした。女性の職場復帰を援助し、3歳になる前日まで育児休業が認められているのも、父と母の平等な責任分担を社会としてめざしているからでしょう。
 日本はどうか。低下してきた出生率は横ばい傾向ですが、出生数は下がる一方。昨年は過去最少でした。隠れ待機児童は80万~100万人といわれ、女性の労働条件も悪くなるばかり。「でも、あきらめないで仕事も育児もがんばりたい」と冒頭の友人。国のあり方を考えさせられる新年度です。 
                                                
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 当面の奈良市議会日程  

 4月 5日(金)・議会制度検討特別委員会(14時~)
   22日(月)・建設委員会
   30日(火)・市民環境委員会
 5月 9日(木)・観光文教水道委員会
   10日(月)・厚生消防委員会 ※私が質問に立ちます。
   13日(月)・総務委員会
   ※ 常任委員会開会時間は、いずれも13時~ です。 

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定
 
 4月 7日(日)・松岡ブロック後援会行事=花見 於:井手町
   10日(水)・あやめ池幼稚園入園式
   11日(木)・あやめ池小学校入学式
   12日(金)・伏見中学校入学式
   14日(日)・日本共産党奈良市後援会年次総会
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。