スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平城宮跡

013年 3月26日(火) はれ

 日本共産党奈良市会議員団で平城宮跡に”視察”に行きました。
 1、朝堂院跡の埋立ては・・・
 2、国営公園構想のもとで、トイレの建設問題・・・
 3、湿地帯を「調整池」にする事業の現在は・・・

DSCF6384.jpg                 ● 第一次朝堂院跡は、すでに土で埋められていました。

 など、現場を見るためです。
 案内は、国土交通省の「伊勢氏」(平城宮跡国営公園事務所副所長)がしてくれました。

DSCN2297[1]
                
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 私たちの遠い祖先、ホモ・サピエンスが約6万年前、アフリカを出発し地球の各地へ拡散していった長く壮大な旅、「グレートジャーニー」。
AUT201302270101[1]
 乾燥地を、氷の上を、熱帯雨林を歩き、ついに南米の南端へたどり着いたのが1万年前です。これを逆に南米からアフリカへ足かけ10年、主に人力でたどった探検家で写真家の関野吉晴さん監修の、パノラマのような特別展「グレートジャーニー 人類の旅」が国立科学博物館(東京・上野)で開催中です。
 関野さんは先々で、持続型社会を続けてきた先住民の懐に飛び込み、いかに彼らが自分を環境に適応させ知恵を絞って最適の衣食住を練り上げたかを探り、紹介しています。実物のカラフルな衣服やその染色術、アシで編んだ本物のつり橋、カピバラや白クマ、ラクダの剥製…。
 それらは太古の狩猟生活を想像させ、表情豊かな人びとの写真は「よりよく生きよ」と語りかけているようです。
 長い年月をかけた環境への適応は、たとえば極北では皮下脂肪がたまってまぶたは一重で、鼻が低く平らな顔になりました。自然を活用し自然に溶け込みその一部となって生きてきた人類史を振り返り、関野さんは現代文明の行き詰まりや人びとの閉塞(へいそく)感を「脱するヒント」がここにあるのではないかといいます。
 今、私たちが直面しているのは自然をとり返しのつかない破壊へと導き、人類との結びつきを断ち切ろうとする原発です。ラテン語で「賢い人」という意味のホモ・サピエンスはこれをどう片付けるか。                                              
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 当面の奈良市議会日程  

 4月30日(火)・市民環境委員会
 5月 9日(木)・観光文教水道委員会
   10日(月)・厚生消防委員会 ※私が質問に立ちます。
   13日(月)・総務委員会
   22日(水)・建設委員会
   ※ 開会時間は、いずれも13時~ です。 

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定
 
 4月 7日(日)・松岡ブロック後援会行事=花見 於:井手町
   10日(水)・あやめ池幼稚園入園式
   11日(木)・あやめ池小学校入学式
   12日(金)・伏見中学校入学式
   14日(日)・日本共産党奈良市後援会年次総会
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。