スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員バッシング

013年 3月 1日(金) くもり・のちあめ  

 3月は、退職の月でもあります。
 今日、50歳代の「友人」が定年を迎えることなく「退職勧奨」すると判りました。
 聞けば、専門学校に通い、新たな道に進むとのことです。

 残念でなりません。せっかく培ってきた知識・技術を後輩に繋ぐ途中で離れてしまうこと。同時に、60歳前では、体力的にも厳しいでしょうに・・・・。

職員 ● 記事と関係ありません。

 過日の”研修”で、若い市職員を前に「将来に希望と夢を見出して、頑張ってほしい」と述べたそうです。現実はどうか。退職金が大幅に減らされる(段階的ですが、2年間で400万円以上)、今年の7月から、さらなる賃金カット(この間の賃金カットと合わせると、10㌫カットにものぼります)も予定されています。
 将来を見据えれば、「夢」「希望」という言葉もむなしい・・・・。

 自治体職員は「全体の奉仕者=公務員としての立場」とともに、「労働者」という2重の側面を持っています。人生設計もあるでしょうし、子育て(大学費用等)にもお金がかかります。
 公務員バッシングをすれば”ウケがいい”とばかりに、矢継ぎ早に”改悪”するのは許せません。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)    

 はや3月。だんだんと草木が芽吹く季節です。春が近づくにつれ、色とりどりの花も開きます。開花はまだですが、ボタンにまつわる逸話を安倍首相が施政方針演説で口にしました。
貝原 ● 福岡市にある「貝原益軒像」
 江戸時代の学者、貝原益軒(かいばらえきけん)はボタンの花を大切に育てていた。ある日、それを留守番の若者が折ってしまった。怒られると心配する若者に、益軒は「自分がボタンを植えたのは、楽しむためで、怒るためではない」と許したというお話。
 寛大な心を教えるための逸話は、戦前まで尋常小学校の科目だった「修身(しゅうしん)」の教科書にのっています。道徳教育が好きで、それを上から押しつけようとする安倍首相ならではの引用でしょうか。
 しかし、この政権がやろうとしていることをみれば、とうてい「寛容の心」などもてません。施政方針でも原発の再稼働を明言。TPPの交渉参加、普天間基地の辺野古「移設」や集団的自衛権の行使にふみこみ、さらに憲法改正の意欲まで鮮明にしたのですから。
 ふたたび日本を破滅へと導く政治。いくら希望を連呼し、強い日本や世界一をさけんでも、この国の未来が閉ざされてしまえば元も子もないでしょう。国民が求めているのは「今、そこにある生活」の充実であり、世界の人々と仲良くしたいという平和への思いです。
 「養生訓(ようじょうくん)」にあるように、益軒は、人としての生き方や人生の楽しみ方を説きました。健康に留意して、花をめでる心を大切にすごす―。首相が学ぶべきは、人間の当たり前の生活を大事にする姿勢でしょう。    
                                       
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 3月 2日(土)・日本共産党中ブロック(松岡かつひこ)後援会の「春を呼ぶつどい」
          於:12時30分~吉田病院地下会議室
          参加費500円(軽食・飲み物込み)
   10日(日)・東日本大震災から2周年
          原発ゼロへ被災地復興をめざすつどい 於:JR奈良駅前
   14日(木)・あやめ池幼稚園卒園式
   15日(金)・伏見中学校卒業式
   19日(火)・あやめ池小学校卒業式
 4月 7日(日)・松岡ブロック後援会行事=花見 於:井手町
   10日(水)・あやめ池幼稚園入園式
   11日(木)・あやめ池小学校入学式
   12日(金)・伏見中学校入学式
   14日(日)・日本共産党奈良市後援会年次総会

  直近の奈良市議会日程  

 3月 5日(火)・3月議会代表質問
    6日(水)~8日(金)・3月議会一般質問
   11日(月)・予算・決算分科会、常任委員会
   18日(月)・3月議会市長総括質疑
   22日(金)・3月議会最終日 
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。