スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職員の退職金減額で申し入れ

013年 2月13日(水) くもり・のちはれ  

 先週、水曜日は雨でしたが、今日も心配されました。しかし、かろうじて朝方にやみ、定例駅宣伝には影響がありませんでした。

 昨日の北朝鮮の核実験の話から始めました。
   
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF6012.jpg                  ● 右から3番目が私。右端が津山副市長

 市役所職員の退職金の減額問題で、副市長に申し入れました。
 昨年、国家公務員の退職金減額(平均402万6000円)が国会で成立したのを受けて、各自治体でも来年度(4月以降)の退職金減額の動きが広がっています。
 奈良市では、3月議会で「減額」(平均420万円=国の減額よりも多い)の条例を提案し、3月から実施しようとの動きがある中で、「3月からの減額」は行なわないように申し入れたものです。
 
 もともと、国家公務員の退職金減額は、昨年の解散された11月16日の午前、わずか2時間あまりの審議で衆参両院の総務委員会、本会議を1日で通過させるという国政史上に残る暴挙で強行したものです。
 各自治体では、これを受けて12月議会で「条例改訂」を強行しているところが多く、奈良市でも3月議会の提案される予定になっています。

 退職金の大幅な削減は、退職後の生活設計に重大な影響を及ぼしますし、若手職員にとっても働き甲斐や将来展望を奪うだけでなく、民間にも波及し、労働者全体の生涯賃金を引き下げ、個人消費の冷え込み、ひいては日本経済の停滞にもつながるものです。
 この間、奈良市職員組合、奈良市従業員組合とも「3月実施には容認できない」としており、相次いで問題視をしているとともに、団体交渉が行なわれることから、市会議員団としても申入れを行なったものです
 
 対応した津山副市長は「要請内容は、しっかりと市長に伝えたい」と述べました。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)    

 少し前の本紙「読者の広場」に、「未来に希望がもてたのは私だけだろうか?」という投稿が掲載されていました。高校生が実施した模擬総選挙で、日本共産党が比例第1党になった記事を読んでの感想です。
DSCF6013.jpg  ● 本日付「しんぶん赤旗」日刊紙 
 東海北陸信越版に載ったこのコラムは、昨年12月の総選挙期間中に三重の県立高が3年生を対象にして行った選挙結果を紹介。共産党の得票率は28・29%で第2党の自民党の21・71%を引き離しました。生徒は事前に各党の政策を学び、共感した党に投票したのです。
 78歳の投稿者は、高校生の投票行動をこう分析しています。「誤った情報に汚染される前の澄んだ瞳と思考力で各党の政策を素直に学べば、どの党が最もすばらしいかおのずと理解できたものと思われる」。
 一方でこんな例もあります。長野の高校でも総選挙後に模擬選挙をしたところ、自民党が得票の半分を占め、共産党はゼロだったというのです。ここは政策学習なしの投票でした。
 ある大学のゼミでは共産、自民それぞれの支持者がその理由を発表。それをもとに全員に選択させてみると、結果は同数でした。共産党をアピールした学生は「相手に受け止めやすい言葉で話すことが大事だ」と実感したといいます。
 共産党の政策や方針を知れば知るほど、ひろがる支持の輪。そこに確信をもって足をふみだしたい。もちろん、伝える側の工夫も大切でしょう。先の学生のように、相手にわかってもらえる努力が、国民との結びつきを深め、信頼へとつながっていきます。 
                               
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 2月15日(金)・奈良地区委員会総会
   17日(日)・明るい革新奈良市政をつくる会 シンポジュウム(午前)
         ・幼保再編を考える市民集会(午後)
   21日(木)・財政分析学習会
   24日(日)・奈良地区党会議

  直近の奈良市議会日程  

 2月18日(月)・総務委員会
   20日(水)・3月議会内示会
   21日(木)・環境審議会
   27日(水)・3月議会開会日 
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。