スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり政治に”怒って”います

013年 2月11日(月・祝) はれ  

梅のつぼみ              ● 梅の「つぼみ」が少し膨らみはじめました 

 西大寺の「I」さんと一緒に訪問(挨拶回り)です。
 今日は、駅前の集合住宅(マンション)をまわりました。

 「あら。この新聞はCMがなくて、見やすいわね。スポーツ欄なども充実しているし・・・。」
しんぶん「赤旗」日刊紙を購読約束してくれました。

 (あいさつに)回っていると、どの人にも声をかけてしまいます。「こんにちは、お元気ですか? まだまだ寒いですね・・・」。この一言をきっかけに話が弾む場合が多い。
 しかし、政治の話になると、みなさん”怒り”を持っていることがよくわかります。
 頑張りたいと思います。
  
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)    

 きょう2月11日は「建国記念の日」とされています。「国民の祝日に関する法律」により「建国をしのび、国を愛する心を養う」趣旨で、1967年から始まりました。
 なぜ「建国記念日」ではなく、「の」が挿入されているのか。諸外国の独立記念日や革命記念日とは違い、史実ではなく神話を基に日本の起源を設定しているためで、建国された事象そのものを記念するのだというごまかしです。
建国
 2月11日は、かつて「紀元節」と呼ばれました。明治政府は、『日本書紀』に記された架空の初代神武天皇の即位日を「紀元節」として祭日に制定。天皇神格化と侵略戦争美化を徹底し、幼心に「日本は神国だ」という偏狭な愛国心を植えつけました。
 敗戦後、超国家主義・軍国主義の象徴だった「紀元節」は廃止されますが、政府自民党が各界の反対を押し切って復活させたのが「建国記念の日」です。
 当時、反対運動を担った団体の一つ歴史教育者協議会は「子どもにウソを教えることはできない。これは日本の教育者の良心である。このことはウソの歴史によって戦火のなかで殺された子どもたちの血によって、私たちが教えられたことであり、日本の親と教師が、戦争の惨禍とともに絶対に忘れてはならないことである」と声明を出しています。
 自民党が昨年発表した改憲草案は、天皇元首化、「日章旗・君が代」尊重規定、国防軍設置をうたっています。誤った歴史を繰り返さないために「建国記念の日」が何をめざすのか、考える日にしたい。     
                               
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 2月15日(金)・奈良地区委員会総会
   17日(日)・明るい革新奈良市政をつくる会 シンポジュウム(午前)
         ・幼保再編を考える市民集会(午後)
   21日(木)・財政分析学習会
   24日(日)・奈良地区党会議

  直近の奈良市議会日程  

 2月18日(月)・総務委員会
   20日(水)・3月議会内示会
   21日(木)・環境審議会
   27日(水)・3月議会開会日 
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。