スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の中の宣伝

013年 2月 6日(水) あめ・のちはれ  

 定例のあやめ池駅宣伝。久しぶりの雨です。
 体も冷えてきます。
 ただ、後援会の皆さんが、ビラまきに来てくれましたので、へこたれてはいられません。

 今日も、「K」君が挨拶をしてくれます。
 いつもながら、爽やかな、礼儀正しい挨拶です。 
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)    

 「市川団十郎」は、数ある歌舞伎役者の名跡のなかで代表格といわれています。江戸時代前期、初代団十郎が初舞台で演じたのが「荒事(あらごと)」でした。
勧善懲悪の正義、荒ぶる英雄の豪快さ、邪心のない心。彼の芸は、封建社会で抑えつけられていた江戸町民から絶賛されます。見たものは一瞬にして苦悩から解き放されると。
市川 ● 市川団十郎
 「江戸の守り神」と呼ばれた初代につづいて、江戸歌舞伎の基礎をつくったのが2代目でした。家や芸の確立、芸域のひろがり、役者の社会的地位の向上に貢献。その業績と、絶大な人気をほこった2代目は「市川宗家(そうけ)」となりました。
 代々が江戸の華とたたえられた団十郎は、歌舞伎十八番の演目を定め、「勧進帳(かんじんちょう)」を創演したとされる7代目にひきつがれます。時代とともに磨きをかけてきたお家芸。名門を背負う重圧の大きさもはかりしれません。
 「歌舞伎の世界は一代穴があくと、とり返しのつかないことになる厳しい世界」。先日、66歳で亡くなった12代目市川団十郎さんの言葉です。若くして先代に逝かれ、芸の継承に人一倍苦労しました。何でも勉強し吸収して、それを海老蔵さんら子孫に寸暇を惜しんで伝えました。
 12代目は歌舞伎を守ることにも熱心でした。民主党政権が予算を削ろうとしたときも、反対の声をあげ、国会に足を運びました。「伝統芸術、文化は日本の顔だ。その顔をつくる未来の子どもたちのために力を入れてほしい」。あとにつづく役者には、技とともにその思いも継承してもらいたい。 
                               
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 2月 9日(土)・第9回中央委員会総会~10日(日)まで
   15日(金)・奈良地区委員会総会
   21日(木)・財政分析学習会
   24日(日)・奈良地区党会議

  直近の奈良市議会日程  

 2月 7日(木)・市民環境委員会     13時~
    8日(金)・議会制度検討特別委員会 10時~
   20日(水)・3月議会内示会
   27日(水)・3月議会開会日 
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;" 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。