スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来の希望が持てない・・・・。

013年 1月27日(日) はれ  

 40歳代の男性から電話がかかります。
 「家賃を払うお金もなく、困っています。どうすればいいのか・・・・・・。助けてください」と。
 
 訪問してお聞きしました。
 不動産会社を経営していた父が体調を壊し数年前に他界したそうです。借金だけが残り、母と姉はその後行方不明に。
 高卒の彼は、転々と職を変える生活。正規社員の道はほとんどなくパートでつないできたそうです。
 所持金は千円少し。健康保険証も「有効期限」が切れていました。
 将来の夢も、希望も持てなく困り果てていました。

 「月曜日に市役所に行き、生活保護課で相談しましょう」とのことで別れましたが、「ありがとうございます。ぜひお力になってください・・・」と頭を下げる姿が頭から離れません。

 今は、こんな若者が急増していると思います。
 連絡をいただけると何らかの相談、解決策を見出すことも可能です。
 「一人で悩まないで、ぜひお声かけください」とつくづく思います。
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋空
 
 西大寺地域の訪問・挨拶まわりです。「I」さんが同行・案内してくれました。
 初めての方もたくさんおられます。「今年7月の参院選挙、奈良市会議員選挙でお力を貸してください」と訴えます。
 訪問先では、どこでも「自民党政治の逆戻りは心配ですね。物価をあげようと言いますが、年金は下がりっぱなしなのに・・・・」と不安・怒りを口にします。
 「やはり、懐・財布を温めないとね・・・」。共産党の政策に”同感”してくれます。
 今日の行動で、しんぶん赤旗日刊紙が3軒で、日曜版が2軒でそれぞれ読者になってくれました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)    

 昨年は日中国交回復40周年ながら、関係悪化に暗たんとした年でした。そんな中でも人と人とのつながりに希望を見いだすことができます
女川
 日中友好協会宮城県連泉支部が最近発行したブックレット『なぜ一六二人全員が助かったか』(藤村三郎著)を知人に勧められました。東日本大震災で中国人実習生を津波から守った宮城県女川町の人たちを泉支部の会員が取材してまとめました。
 震災時、海辺の水産会社19社で162人の中国人実習生が働いていました。全員が津波から逃げ、無事帰国しました。大地震も津波も経験したことのない外国人です。町民の1割近くが犠牲になった女川でなぜ全員助かったのか。
 実習生を避難させ、自らは津波にのまれた経営者もいます。水産会社の専務、佐藤充さんです。中国でも感動を呼んだ行為です。ほかにも「実習生から一人の犠牲も出すな」と寮も捜した社員。被災直後、帰国を手配した社長たち。
 極限状態でそれができたのは、町ぐるみでふだんから実習生を「将来長くお付き合いする人」として尊重していたからでした。女性には女性生活指導員を配置。親身になって教える日本語研修。ある社長は常々「実習生を単なる労働力と見てはならない」と述べていました。
 帰国後、止める家族を説得して女川に戻った実習生もいます。宮城県は中国の作家、魯迅が留学した地です。彼が希望を道にたとえています。「もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」(「故郷」) 
                           
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

 2月 3日(日)・橿原市会議員選挙投票日

  直近の奈良市議会日程  
1月25日(金)・議会制度検討特別委員会 14時~
   30日(水)・厚生消防委員会     13時~
 2月 1日(金)・建設委員会       13時~
    5日(火)・観光文教水道委員会   13時~
    6日(水)・総務委員会       13時~
    7日(木)・市民環境委員会     13時~
    8日(金)・議会制度検討特別委員会 10時~
 
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。