スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”自爆営業”の続き

013年 1月 4日(金) はれ  

文

 2013年 新春党旗びらきです。
 橿原で行われました。橿原市会議員選挙がある年だけは「橿原」で行います。
 今年7月の参院選挙で立候補予定の「谷川和広」(たにがわ かずひろ)さんも挨拶しました。

谷川

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 過日のブログで「年賀はがきの”自爆営業”」について書きましたが、知人から「年賀はがきだけではないのですよ・・・」とのお便りをいただきました。

カレ ● 記事と関係ありません

 「お中元」「お歳暮」時=夏・冬のボーナスはほとんど自分・家族で”割り当て=ノルマ?”を消化するらしいのです。
 驚いたのは、「割り当てを消化するために”家族”等にお願いをしていた分は『調整分』として最後までどうなるかわからない」ということ。
 「割り当て分が達成」できたら、家族・親族の協力分は”キャンセル”にするそうです。
 「だって、”割り当て”以上に成果を上げると、次のシーズンにはさらに上積みされた『割り当て』に増えるから」だそうです。

 そのほか、いろいろと「内情」を話してくれます。
 多かれ、少なかれ今の社会はそんなことが横行しているのでしょうか・・・・・。
 
 少なくても「割り当て」が未達成だと”不利益”を被るのだけは許せません。そんなことがないようにみなさんと声を上げていきたいと思います。
    
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)    

 被災地を回っていると、「絆」の一字が目に入ります。全国からの励ましを力に少しでも前に進んでいきたいという表れでしょう。
南市 ● 南町紫市場
 大槌町で幕末のころからつづく小川旅館は、被災で全壊。一時は再開をあきらめた女将(おかみ)さん。しかし先月、別の土地を借りて「絆館」として再出発しました。避難所で苦労をともにした仲間や宿泊客の支えが背中を押したといいます。
 気仙沼市の復興商店街「南町紫市場」。ここの初売りでは東京・練馬の富士見台小学校から贈られた絵本が子どもたちにプレゼントされていました。同校では以前から気仙沼のサンマで親睦会を開催。それで縁ができました。
入前 ● 伊里前福幸商店街
 津波ですべてがさらわれた跡地にできた南三陸町の「伊里前福幸商店街」には華やかな旗がはためきます。サッカーJリーグのチームフラッグです。目印となる旗の寄贈をツイッターで呼びかけたところ、それに全国のJリーグサポーターが呼応。応援メッセージや選手のサイン入りの旗が次つぎに届きました。
 人と人との結びつきが被災地に笑顔や元気をもたらす一方で、仮設住宅では正月を孤独にむかえた人もいます。家族でゆっくりとすごしたいのに場所がない。出て行くあてもなく、医・職・住の問題は深刻なままです。
 震災からもうすぐ2年。いまもなお荒涼とした風景を前に、あらためて、苦境を生きぬく人間のたくましさを感じました。生活再建へ懸命にがんばっている人、そこに心を寄せる人。その絆が生きる社会をつくりたい。思いも新たに。   
                      
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

2013年
 1月 8日(火)・奈良市消防出初式
   10日(木)・秋篠地域「新春の集い」
   11日(金)・議会制度検討特別委員会
   13日(日)・日本共産党奈良県「新春のつどい」1:30分~
          於:奈良県社会福祉総合センター
   14日(月・祝)・成人式
   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

明けましておめでとうございます。新年早々お疲れ様です。さて先日からの〒の問題点。なんとびっくりで、末端は、保育園の〒事務パートマのママ達までともひろの保育園〒お勤め多く。毎年年賀状、暑中見舞い、又様々季節品々現状、ほんと話しを聞いてると時給とハガキどうする雇用?。ほんと古い体質そのもの、付ける薬は見つかりません。新年早々今日はニュースを見たともひろ僕安倍さん嫌いや!原発稼動するんやろママ。と安倍さんそれより身体悪いからなあ元気に頑張れ!って言わないと復興がれきも片付け出来ないな。どうする。まあ、ともひろ、なりに安倍総理の事色々考えている様です。
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。