スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっかり見極めたい

012年12月14日(金) はれ 

 期日前投票に行かれる方が多い。
 学園前駅南側にある「西部会館」の駐車場への入り口は「只今 20分待ち」と看板がかかっています。

 関心の高さを示しています。
 「4年間は消費増税しない」と約束していたのに、さっさと裏切る。国民からすれば、騙されました。
 騙した党と、騙すように仕組んだ党。どちらも悪い。

 ここにきて、「国防軍」「軍隊」と、なにやらキナ臭い言葉が飛び交います。
 戦争を体験した方は「政治の右傾化」に警鐘を鳴らします。「あんな党に負けないでね・・・・!」と。

 山下よしき参院議員の訴えがストンと腹に落ちます。
 「愛する人を戦場に送っていいのですか? 愛する子ども達を戦場に送っていいのですか?。

げん
 
 もう一つ紹介。比例代表候補。
 「『はだしのゲン』というマンガの主人公、ゲンの母が言います。 キナ臭い動きが出たら、必ずその時点で声をあげよう。戦争が始まってからでは遅いのだよ」と。

 最終盤、しっかりと見極めて「投票」に。
 
 投票日まであと2日です。 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)   
 
 ローマ法王ベネディクト16世が、ツイッターに初めて投稿しました。「あなた方すべてに心からの祝福を」。慣れない手つきで、文字入力に苦労したようです。
ローマ法王 ● ローマ法王ベネディクト16世
 インターネット上に、短い文章を投稿して交流するツイッター。法王の読者は、100万人といいます。先ごろ、アメリカのオバマ大統領も、ツイッターで国民に直接語る作戦に乗り出しました。
 大統領が人々に訴えるのは、財政立て直し案への支持です。富裕層に応分の税金を払うよう求める大統領案に、野党の共和党が抵抗しているからです。こと富裕層の税負担に限るなら、日本の場合、共産党がオバマ氏に、自民党などが共和党に通じます。
 ツイッターで、「共産党」を検索してみました。刻々と投稿がつけ加わる「リアルタイム」検索です。当然ながら、共産党への支持から批判まで、さまざまなツイート(つぶやき)であふれています。「とりあえず共産党」や、迷った末の「共産党しかない」も少なくないようです。
 自分の考えと各党の政策との一致度を調べたら、共産党との相性がよくて驚いた。こんなつぶやきも目立ちます。なるほど、毎日新聞の調査でも、共産党と一致する人が自民に次いで多い。さあ、有権者の「共産党発見」を一票一票にどう結びつけるか、です。
 耳の痛いつぶやきもありました。「元気がないぞ、共産党」とか、街頭宣伝が頼りなくて「投票してほしい」という気持ちが伝わらなかったとか。一致度に加え本気度が問われる、選挙の最終盤です。 
        
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

12月16日(日)・投票日(衆院・県議補選)
   18日(火)・12月議会最終日
   22日(土)・あやめ池南開発説明会

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。