スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票日まで、あと4日

012年12月12日(水) はれ 

 山下よしき参議院議員が奈良市に入り、応援に回ります。
 私も候補者カーに同乗しました。

 山下よしきさんの訴えは、勉強になります。

「言葉づかい」「抑揚(強弱)」「話の組み立て方」・・・・・さすがです。
 基本は、「現状の告発」「他党(他会派)の姿勢と、わが党の政策」「改善方向」そして「展望」。
 
 山下よしきさんは、大学時代に「落語研究会」に所属していたとか(本人に確認していませんが)。

 さぁ、投票日まで、あと「4日」です。

IMG_0840[1]

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)   
 
 地道な研究が華やかな舞台につながりました。ノーベル賞の授賞式と晩さん会にのぞんだ山中伸弥さん。「夢かまことかわからないようなふわふわした不思議な感じ」といいながら、脚光を浴びたこの1週間、自然体の振る舞いが好ましい。
 すぐに科学者の顔にもどると、「これからはノーベル賞も私にとっては過去形になる。これからの研究が大事なので一生懸命やっていきたい」。iPS細胞の実用化を心待ちにする患者に思いをはせました。
959a5e3b5d2b45d7981865e68bde07e2.jpg  ● 山中伸弥 さん
 山中さんたちは世界で初めて、体のさまざまな組織や臓器になるiPS細胞をつくり出すことに成功。式典でも、病気の新たな治療法を開発するために計り知れない価値のある方法を世界に提供した、と紹介されました。
 ところが、実用化に向けた動きで日本は後れをとっています。必要となる大量の細胞をつくるため、巨費を投じて研究機関や企業を活用する欧米。一方、国の支援は乏しく産業基盤も弱い日本。米国の再生医療全体にかける研究費は日本より1桁多いといわれます。
 劣悪な条件、無駄や失敗が許されない環境、不安定な雇用…。これでは、ほんらい自由で、自主的であるはずの基礎研究は衰退するばかりです。
 山中さんは若い研究者たちにメッセージを送ります。「予想と違う実験結果がiPS細胞につながり、この場に来ることができた。予想外の結果は失敗ではなくチャンスだ」。画期的な発見や科学技術の進歩は人類の発展に貢献してきました。その根を枯らしてはいけません。
       
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

12月14日(金)・12月議会予算決算委員会
         ・議会運営委員会
   16日(日)・投票日(衆院・県議補選)
   18日(火)・12月議会最終日
   22日(土)・あやめ池南開発説明会

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。