スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度予算編成の要望提出。

012年11月26日(月) あめ 

 日本共産党奈良市会議員団として、来年度の予算編成にむけた「重点要望」を市長に申し入れました。

申し入れ

 景気悪化のもと、各種保険料の引き上げ等負担が重くなっている中で、市民のくらしは大変になっています。そういう時だからこそ、暮らしを守る予算に重点を置いた施策をすすめてほしいと言うことから申し入れたものです。
 市長は、趣旨は充分に理解している。と述べるにとどまりました。
 
 以下、全文を紹介します。
2012年11月26日
奈良市長 仲川げん 様 
日本共産党奈良市会議員団

予算要望書(重点項目)
日頃は、奈良市政発展にご尽力いただき敬意を表します。奈良市では来年度の予算編成に着手されていますが、市民の暮らしを守り、地域の経済を活性化させる上から、下記の項目に重点を置いた予算となるよう要望いたします。
                    記
1.子どもと教育に関すること
●教育予算を増額すること。特に学校施設については耐震化を前倒しして早期に完了させ、避難所としての機能も充実させること。
●全国いっせい学力テストを実施しないこと。
●中学校卒業まで医療費を完全無料にし、窓口払いをなくすこと。
●30人学級を小学校の全学年で実施すること。その際、県から配置の少人数学級指導や専科の教員を当てなくてもよいように市として十分な予算措置をとること。
●特別支援教育の支援員を抜本的に拡充し、市立幼稚園も含め複数配置すること。
●就学援助の認定基準を抜本的に拡充すること。少なくとも年少扶養控除廃止で増税となった世帯が従来どおり申請できるよう基準を見直すこと。
●「幼保再編計画」は、保護者や地域住民、現場や労働組合など関係者との協議や合意がない下ですすめないこと。
2.医療・福祉に関すること
●国民健康保険制度の広域化に反対し、国に対して「負担金」の引き上げを求めること。また一般会計から国保会計への繰り入れを増額し保険料を引き下げること。
●後期高齢者医療における「資格証明書」は発行しないこと。
●老春手帳優遇措置事業(シルバーパス)は、元に戻すこと。
●奈良市での24時間小児救急を実施すること。
●特定検診を無料にし、検査項目については、これまでの基本検診と同様の項目で実施し、さらに検査項目を充実すること。
●生活保護の夏季及び冬季見舞金を復活させること。
●介護保険の保険料の減免適用基準を緩和すること。
●障害者自立支援の応益負担の軽減策をとること。
●子宮頸がんワクチンの接種費用については、引き続き公費助成をおこなうこと。また対象年齢を拡大し、子どもたちを対象にした「性教育」も重視すること。
●肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンについても、引き続き公費助成を行うこと。
●小額の生活つなぎ資金の貸付制度をつくること。
●買い物困難な市民や暮らしの交通権を守るよう対策を講じ、コミュニティバスなどの導入を急ぐこと。
●孤独死、孤立死対策を講じること。
3.雇用確保・中小業者の支援に関すること
●中小業者・業者の声をよく聞いて、中小企業への融資制度を拡充すること。
●市独自で青年の雇用対策をとること。
●住宅リフォーム助成の予算を増額すること。
●中小企業振興条例について、調査をふまえ早期に制定すること。
●電機産業の大規模リストラがすすめられています。奈良市への影響を調査し、必要な対策をとること。
4.その他
●市の公共施設の耐震診断・耐震補強工事の促進をはかること。
●個人住宅及び集合住宅の耐震診断の補助を増額すること。
●市職員・教職員の人事評価をやめること。
●公契約条例の制定を急ぐこと。
●自然エネルギーの活用・地域経済の活性化は、奈良市にとっても大きな課題です。庁内に対策本部を置いて推進を図ること。またそのための専門の担当者を配置すること。
●滞納税、滞納債権については一方的な徴収強化でなく決め細やかに対応すること。
●平城宮跡内の里道、水利の底地を国や民間等に売却もしくは譲渡しないこと。
●民間委託の拡大は行わず、とりわけ学校用務員は直営に戻すこと。
5.国との関係について
●市として、原発ゼロを目指す姿勢を明確にし、国に働きかけること。
・同時に、市として住宅用太陽光発電に対する支援策を強化すること。
・放射能測定器の購入と貸出しの制度をつくること。
●TPP不参加の立場に立ち、市内の関連産業への影響を試算し、国に対してTPP参加表明を撤回するよう申し入れること。
●民主党政権のすすめる社会保障の改悪をやめ、生活保護の経費は全額国負担とするよう、国に求めること。また消費税の増税については撤回を申し入れること。
●国と自治体の責任を後退させ、公的保育制度を解体する「子ども・子育て関連法(新システム)」は実施しないよう、国に強く働きかけること。
●世界遺産を守る立場から、国に対し平城宮跡国営公園事業の中止を求めること。

以上

    .............・・・・・・・・・・・・・・

 一雨ごとに寒さが増してくるように思います。
 同時に、雨の影響で、紅葉も道路を埋め尽くしていきます。

落ち葉

 市役所では、12月から「暖房」が入りますが、それに先立ち、今日から「試験運行」がされました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)   

 広島の空を祝福の虹が彩りました。プロサッカー・Jリーグ20年の節目を飾ったサンフレッチェ広島。それはリーグ発足時から参加した10チームのなかで、最も遅れてつかんだ優勝でした。
 長期の低迷、主力選手の流出、そして2度のJ2落ち…。しかしその都度、サポーターに支えられながら、チームはよみがえってきました。若手の育成に力を入れ、Jリーグクラブで初めて10代選手の寮をつくったのも広島でした。
サッカー
 今季は森保新監督のもと、持ち味の攻撃サッカーに安定した守りが加わりました。とくに、選手たちがイメージを共有し、多彩に連動していくスタイルは、サッカーそのものの魅力を存分に示しました。
 なによりも初優勝を光らせたのは、フェアプレーに徹したことです。退場者はゼロ。イエローカードの数もリーグ最少でした。伝統的でもあるその姿勢は、すべてのチームが手本とすべきものでしょう。
 「復興元年に優勝を」と、最後まで広島と競ったベガルタ仙台の奮闘もリーグを盛り上げました。東日本大震災でチーム自体も被災した昨季は、希望を胸に4位と健闘。今季も開幕から走りつづけ、過去最高の2位に躍進しました。
 ともに地域に根ざして、派手な戦力補強もなく、腰をすえてチームと選手をはぐくんできました。サッカーの名将アーセン・ベンゲル氏にこんな言葉があります。「チームの持つ可能性は誰にも分からない。だからこそ、やりがいが生まれるのである」。どんなスポーツにも当てはまる名言です。
                        
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

11月27日(火)・12月議会開会  10時~   
   30日(金)・本会議代表質問(私が質問に立ちます。時間は未定)
12月 4日(火)・衆院選公示
    7日(金)・県議選補選告示
   16日(日)・投票日(衆院・県議補選)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。