スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市田演説会のお誘い。質問準備。

012年11月23日(金) あめ 

 明日の、市田忠義街頭演説会のお誘い。
と、
12月議会の質問準備の一日でした。

 パソコンに向かいっぱなしの一日でした。
 こんな日は、疲れまくります。
   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)   

 題して、「そのとき画家は何を見つめていたのか」。東京・世田谷美術館で始まった、「松本竣介展」のうたい文句です。
 36歳の若さで病死し、ことしが生誕100年にあたる松本竣介。会場で、やはり1942年の「立てる像」が目をひきます。黒い作業着風の上下のつなぎを着る彼自身が、さびしい道の上にひとり立つ。まるで巨人のように。
松本
 無表情にもみえる顔つき。まっすぐな視線。なるほど、「そのとき画家は何を見つめていたのか」です。「立てる像」は、戦争一色の時流になびかず自分の絵を描き続けた、竣介の生き方をしめす代表作とみなされてきました。
 「議事堂のある風景」にも興味を覚えます。青みがかった暗い色調。右側の奥に、国会議事堂が廃虚のようにたたずむ。1942年1月の作です。前年の12月に太平洋戦争が始まったばかりのとき、画家は国会議事堂をのぞむ場所で何を見つめていたのでしょう。
 何を見つめていたのか、展示中の手紙や発表文でいくらかうかがい知れます。戦争責任を問う、戦後の彼の筆は手きびしい。「出版界の戦犯追窮も始まっているが、…日本の新聞社等は全部解散になるのが当然だ」とさえ、いいきりました。
 美術家の組合の結成をよびかける文には、政治家・尾崎行雄の言葉を引いています。「政党というものは主義方針によって、離合集散しなければならぬが、日本では親分子分の主従関係という頭でやっている。これは政党ではない徒党である」。時節柄、考えさせられました。
                       
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

11月24日(土)・市田忠義街頭演説会 12時30分~ 近鉄奈良駅前
   27日(火)・12月議会開会      10時~   
   30日(金)・本会議代表質問(私が質問に立ちます。時間は未定)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。