スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木枯らし1号

012年11月18日(日) はれ 

 「すみよいとみが丘をつくる会」主催の学習会に案内をいただきましたので出席してきました。
 同会は、登美ケ丘地域のまちづくりを良くしたいという思いで集まっている皆さんです。

公民館
 
 特に、学研登美ケ丘駅周辺への保育所誘致、郵便局誘致、交番の設置、歩道の整備などに取り組んでおられます。
 今日は、「奈良市の保育について考えよう」と、奈良市の保育課・子ども政策課の管理職を招き、学習をしました。

 約20名ほどの方が集まってくれました。

説明会

 奈良市の担当者からは、奈良市の保育行政について説明があり、その後、質問があります。
 「認定こども園を進めているが、幼稚園と保育園を一緒にすれば、子どもたちの生活リズムなどに影響が出るのではないか」、「新システムを進めようとしているが、保育所入所申し込みが、直接保育所に申し込みしなければならなくなるなど困る」など、厳しい質問・意見が出ました。   
        
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 夕刻、西大寺駅北口で、伊藤えみ子衆院予定候補、小林てるよ県議らと宣伝を行いました。

宣伝

 「東京地方で”木枯らし一号”」との報道。寒かった。   
       
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)   

 事件が起こる。犯人と疑われた人すべてにアリバイがある。ところが目撃者は、警察で彼らの顔をみて、うち1人が犯人と断定した。事実なのか。そこで捜査の枠ぐみがつくられる…。
 アメリカのノーベル賞経済学者、スティグリッツ氏が紹介する「枠ぐみづくり」の例です。彼は、政治のたたかいの大半が枠ぐみづくりをめぐる争い、といいます(『世界の99%を貧困にする経済』)。
人物 ● ノーベル賞経済学者、スティグリッツ氏
 たとえば、大企業の経営者が唱えます。自分たちが社会に役立つ仕事への意欲をもち続けるには、給料は高く税の負担は軽いほどいい、と。彼らは、自説で人々の考え方に枠をはめようとします。メディアや政治家を使って。
 きのう、各新聞の見出しに目立ちました。「民VS自公VS三極」「民自激突、第三極カギ」。総選挙でどの党を選ぶか、枠ぐみづくりを新聞がかってでたようです。大きなお世話だ、選ぶのは私たち。そういいたくなります。
 「民VS自公VS三極」? 実は、もはやいきづまった自民党型政治の枠内での主導権争いにすぎません。日本の現実が求めるのは、もっと大きな枠ぐみづくりです。60年続いた自民党型政治に別れを告げる道へ、踏み出すかどうかの。
 スティグリッツ氏は問います。アメリカは1人1票制の国なのに、なぜわずか1%の富める人の利益にかなう政治が続くのか。彼は、大企業や富裕層が社会にふきこむ思考の枠ぐみづくりに一つの答えを求め、そこに民主主義の危機をみます。日本にもあてはまる、問いと答えでしょう。

                   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

11月20日(火)・12月議会内示会(提出予定案件説明)10時~
   22日(木)・厚生消防委員会(山本・松岡)13時~
   24日(土)・市田忠義街頭演説会 12時30分~ 近鉄奈良駅前
   27日(火)・12月議会開会      10時~   
   30日(金)・本会議代表質問(私が質問に立ちます。時間は未定)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

 いよいよ選挙ですね。これから議会と選挙で忙しくなりますが、お互いに頑張ろうね。近畿は3議席確保、そして兵庫の堀内さんの4議席めざして・・・

いつもありがとうございます。

確かに大変です。
今日、12月議会の内示会。
私は、22日に厚生消防常任委員会。そして、30日の本会議代表質問。
さらに、12月7日に、厚生消防分科会・常任委員会・・・・と続きます。

 また、議会運営委員・意見書調整委員・・・・なにかと忙しい中での選挙。議会。
頭は、パニクっています。

 今日の日刊紙、「党活動版」見てくれましたか?
 「あやめ池支部」(私のお膝元)の活動が紹介されています。
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。