スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生駒市と消防指令業務で連携!?

012年11月16日(金) はれ 

 今日、衆院が解散されました。
 日本共産党は、早朝から「全駅宣伝」で、”さあ、衆院解散総選挙。議席倍増を”と訴えました。

 私は、西大寺駅北口を担当します。
 後援会員の方もビラまきに来てくれました。

 そこに、民主党(馬渕氏)の運動員がビラまきに。
 
 8時過ぎ、宣伝を終わった後、「すごいですね、市民の怒りは!」と後援会員。
 「共産党のビラは、結構受け取ってくれるけど、民主党のほうはさっぱり。運動員もしょげていましたよ」と。 
        
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 厚生消防委員会の質問準備のために、消防局に行きました。

指令         ● 奈良市消防局指令課

 その間・・・総合政策部長から共産党市会議員団に連絡が入ります(もちろん、他党・他会派にも)。
 「19日(月)、生駒市役所で生駒市長・奈良市長が共同記者会見をします」と。
 その内容は、
① 消防通信システムの「デジタル化」(現在はアナログ無線)を平成27年度までに行わなければならないが、システム化の共同を進める。
② 「消防指令業務」の統一。
の2件だそうです。

防災センター      ● 指令課がある「防災センター」

 つい、この前に「奈良県消防広域化」計画から離脱表明をした両市。水面下で「業務の一部」とはいえ、連携構想を進めていたのでしょうか。奈良県、および県内自治体から批判が上がることが当然予測されます。
 さらに、市民生活にとってどんな影響があるのか。消防職員にとってどうなのか・・・これも委員会でお聞きしなくてはなりません。  
       
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)   

 土俵際で一発逆転の大技をしかけたつもりでしょうか。党首討論できょうの解散を明言した野田首相。うけた自民・安倍氏のあわてぶりは滑稽でしたが、実際に驚いた方も多かったでしょう。
 しかし民主党政権の体たらくぶりに、審判をもとめる街の声は確実に増えていました。3年前、国民が「ノー」を突きつけた政治は何だったか。私たちの生活や健康・安全よりも米国や財界ばかりに目を向ける旧来の政権。それを退場させたはずでした。
解散
 ところが、その意思を担った民主党は、転換をはかるどころか、古い政治をいっそうおしすすめる始末。それは、今回の解散と引き換えに、比例定数の削減をもちだすところにも表れています。国民のさまざまな意見を削ってしまえというのですから。
 「民主党に裏切られ もう自民党にはもどりたくない どうするこの日本」―。これはいま、各地で対話を広めている日本共産党の「しんぶん赤旗」号外の呼びかけです。そこには、国民の模索にこたえ、日本を変える道筋がコンパクトにまとめられています。
 今度の選挙は、前回流行語にもなった「政権交代」が焦点ではないでしょう。改革の展望を示し、それを国民とともに実行していく政党を選ぶ舞台になります。
 なにかとせわしない年の瀬。そこにきての総選挙ですが、気ばかりあせっているわけにはいきません。これまで積み重ねてきた力を発揮し、号外も使って堂々と古い政治を寄り切る好機です。みんなが希望をもって新年を迎えるためにも。
                 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定(議会含む)

11月20日(火)・12月議会内示会(提出予定案件説明)10時~
   22日(木)・厚生消防委員会(山本・松岡)13時~
   27日(火)・12月議会開会      10時~   
    ※ ( )内の議員名は所属議員

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。