スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャープ」のリストラ

012年10月17日(水) あめ・ときどきくもり 

 毎週水曜日、定例のあやめ池駅宣伝を行っています。
 通勤する人、学生、子ども達・・・たくさんの方の顔をおぼえました。

あいさつ         ● 「近畿大学附属小学校ホームページ」より

 その中で、近畿大学附属小学校1年生?(と思うが・・・)の「I」くんがいます。
 必ず、帽子をとって「おはようございます。」と一礼をしてくれます。礼儀正しい子です。
 で、「I」くんがかぶる学生帽は「博士帽」だと思います(四角くないと思いますので、子ども用のオリジナル?)。「博士帽」は、「大学帽」とか「角帽」とかも言うそうです。四角なのは、四つの基本的学問・医学・法学・工学(数学)・神学(哲学)を意味し、それらの学位を授与された人がかぶる帽子らしい。
 さしずめ、4つの基本的学問を目指す?と言うところからでしょうか・・・・。

 いづれにせよ、「I」くんに会えるのも、定例宣伝の楽しみです。
   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 電機大手シャープ(本社・大阪市)が「業績悪化」を理由に2000人規模の人員削減や工場を廃止・縮小するリストラ計画をすすめています。

シャープ葛城工場            ● 「シャープ葛城工場」

 昨日、日本共産党奈良県委員会は、奈良市の奈良労働基準局を訪れ、雇用と人権、くらし、地域経済を守れと申入れました。
(シャープには、この件で、本社や奈良県内の事業所にも懇談を申し入れていますが、「拒否」されています。)
 
 27兆円もの内部留保をため込む一方、労働者の大量首切りを打ち出した電機各企業。奈良県内に4事業所を持つシャープは、約4900人が勤務し、県内には100を超える取引先があります。

 申し入れは、
 ①リストラ計画の是非を含めて検討し、企業の社会的責任を求める是正・指導を行うこと。
 ②「希望退職」募集にあたり、企業に対象者名簿を作成したり、面接を利用した退職勧奨をさせないこと。また人権侵害にならないよう指導・啓発を行うこと。
 など4項目です。
 
 労働局側は、「聞き取りをしているが、現時点で把握できていない」と答えました。  
    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流   

 友人から2日に1度ぐらい、「たんぽぽ舎」のメールマガジンが転送されてきます。23年前、東京・千代田に公務員と市民の協力で生まれた「たんぽぽ舎」は、原発や核兵器のない日をめざし活動しています。
タンポポ舎 ● 「9条フェスタホームページ」より
 つい先日のメールマガジンに、北海道の女性が投稿していました。彼女は先週の金曜日、はるばる首相官邸前の行動にかけつけました。そこで見聞きしたようすをつづっています。
 彼女が、みんなの前で青森の大間原発の建設に抗議する、“一言アピール”を終えた時でした。背広姿の会社員の男性が、集まりの中に入ってくる。片手に缶ビール。背広を脱ぎシャツの袖をまくり、かばんから1枚の紙をとりだす。
本官
 集会の警備にあたる警官の写真。横に、「本官も再稼働には反対です」の文字。男性は、写真を片手で掲げながら、缶ビールをピシッとあけると一気に飲みました。彼女は思ったそうです。「『仕事帰り、僕はこう思う』、なんてデモが日本を変えるかも、と」。
 ビールはともかく、同様の光景に行き合わせた人は珍しくないかもしれません。「幅広い市民が街頭に出て声をあげていることは、日本の政治を変える歴史的出来事」「各分野の国民運動の歴史的高揚」…。日本共産党の第5回中央委員会への志位委員長の報告では、こうなります。
 仕事帰りデモの男性の望みが実る国へ、わが日本をどう変えてゆくか。さしあたり、市民たちの声が生きる国会をどうつくる。日本共産党の役割の大きさも、「歴史的」とよべる今です。           
                
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

10月23日(火)・日本共産党奈良県議員会議
   24日(水)・奈良市革新懇総会
   27日(土)・日本共産党演説会(別掲)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  日本共産党1区・2区演説会

「消費税にたよらない道がある! 領土問題はこう解決する 原発ゼロ、暮らしを応援する政治をつくります」

小池 あきら政策委員長が語ります <strong><strong>小池あきら</strong></strong>
 ■ 小池あきら 日本共産党政策委員長 前参院議員 医師
社会保障充実、財政危機打開をはじめ、外交、原発、雇用問題など、日本共産党の政策をまとめるとともに、テレビ討論でもするどい論客として奮闘。毎日、ツイッターでもさまざまな提案を配信中。52歳

 10月27日(土) 午後6時50分開演
 奈良県文化会館 国際ホール 
 ぜひお越しください

 ※ 伊藤えみ子衆院奈良1区予定候補もご挨拶します。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  当面の奈良市議会日程

10月29日(月)・議会制度検討特別委員会  13時~
   30日(火)・市民環境委員会(山口議員)13時~
   31日(水)・観光文教水道委員会(北村)13時~
11月 5日(月)・建設委員会(西本)    13時~
   16日(金)・総務委員会(井上)    13時~
   22日(木)・厚生消防委員会(山本・松岡)13時~
       ※ ( )内の議員名は所属議員
    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


しんぶん
  お申し込みは、松岡かつひこまで
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。