スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花大会準備

012年10月16日(火) はれ 

会場

 毎年恒例になった「菊花大会」が、来週の10月17日(水)~11月16日に開かれますが、今、準備に向けて「菊花」が運び込まれています。

準備

 今年の「平城跡跡菊花大会」は42回目を迎えます。
 毎年楽しみにしていますが、今年も、期待を裏切られることのない、見事な「菊花」を鑑賞できそうです。

菊盆           ● 「竜白」

 御杖村から来たと言う「寺前信二」さんは、「初出展ですので・・・・」と謙遜気味ですが、作品の前で、しばらく見とれてしまいました。
 「竜白」と名づけられた作品。どんな菊を楽しませてくれるか、今からワクワクします。

人             ● 寺前信二さん

 10月17日(水)~11月16日(金)まで開催。
 市役所庁舎玄関前及び玄関内で行われます。
   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 「きく」は漢名の「菊」を音読みしたものです。また、「菊」の漢字は、散らばった米を1カ所に集める、の意で、菊の花弁を米に見立てたものらしい。

 漢名の「菊」は”究極、最終”を意味し、一年の一番終わりに咲くことから名づけられたと言われています。
 中国では菊は不老長寿の薬効があるとされ、陰暦の9月9日(重陽の節句)には菊酒を飲み、長寿の祈願をしたとか。これがしだいに日本にも伝わり、菊の花を酒に浮かべて飲み花を鑑賞する「重陽の宴」が催されるようになりました。
 のちに菊は皇室の紋章になり、日本の国花になりました。

 花言葉は「思慮深い」など。 
    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流   

 「第九(だいく)」で親しまれるベートーベンの交響曲第9番ニ短調。その第4楽章「歓喜の歌」を、自由への賛歌としてうけとめる人は多い。それは欧州の歌でもあります。
伯爵 ● カレルギー伯爵(左側)
 ひと口で欧州といっても、そこには50をこえる国や地域がひしめき合います。それぞれが独自の言語や文化を形成し、過去にはたびたびいがみ合ってきました。
 大きく傷ついた第1次世界大戦後、この地を平和的に統合しようと「パン・ヨーロッパ運動」が起きます。提唱したオーストリアのカレルギー伯爵は、それには独仏の和解が必要だと訴えました。
 しかしヒトラーの登場とともに運動は挫折、ふたたび欧州は戦火に覆われます。平和への思いが実ったのは、各国とも多大な犠牲をだし、衰退した第2次世界大戦後でした。手始めは、仏・西独・伊など6カ国が参加した欧州石炭鉄鋼共同体。統合分野は次々に拡大し、1993年、ついにEU(欧州連合)が発足します。
欧州
 現在は27カ国が加わるそのEUに、今年のノーベル平和賞が贈られました。理由は「欧州を戦争の大陸から平和の大陸に変革させる重要な役割を果たした」。国家間の和解や国境をこえたとりくみの成果とともに、その前途にも希望をこめた授賞なのでしょう。
 いまEUはユーロ危機や加盟国の財政危機にみまわれています。きびしい緊縮策を押しつけられた市民からは賞に批判の声もあがっています。生活の安定をもたらしながら「ひとつの欧州」がどう発展していくか。人類史の壮大な実験を見守りたい。
                          
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

10月23日(火)・日本共産党奈良県議員会議
   24日(水)・奈良市革新懇総会
   27日(土)・日本共産党演説会(別掲)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  日本共産党1区・2区演説会

「消費税にたよらない道がある! 領土問題はこう解決する 原発ゼロ、暮らしを応援する政治をつくります」

小池 あきら政策委員長が語ります <strong><strong>小池あきら</strong></strong>
 ■ 小池あきら 日本共産党政策委員長 前参院議員 医師
社会保障充実、財政危機打開をはじめ、外交、原発、雇用問題など、日本共産党の政策をまとめるとともに、テレビ討論でもするどい論客として奮闘。毎日、ツイッターでもさまざまな提案を配信中。52歳

 10月27日(土) 午後6時50分開演
 奈良県文化会館 国際ホール 
 ぜひお越しください

 ※ 伊藤えみ子衆院奈良1区予定候補もご挨拶します。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  当面の奈良市議会日程

10月29日(月)・議会制度検討特別委員会  13時~
   30日(火)・市民環境委員会(山口議員)13時~
   31日(水)・観光文教水道委員会(北村)13時~
11月 5日(月)・建設委員会(西本)    13時~
   16日(金)・総務委員会(井上)    13時~
   22日(木)・厚生消防委員会(山本・松岡)13時~
       ※ ( )内の議員名は所属議員
    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


しんぶん
  お申し込みは、松岡かつひこまで
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。