スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うろこ雲

012年10月 4日(木) あめ・のちくもり・のちはれ

 コーヒータイム です。   

 めっきり、秋めいてきました。
 うろこ雲の翌日は「雨」といいます。
 あすは、雨でしょうか・・・・・・?

うろこ雲
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  今日の潮流   

 フランスの作曲家ドビュッシーは、一つの絵に魅了され、交響詩「海」を作りました。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏(なみうら)」です。
 かなたに望む富士山。舟をもてあそび、生き物のように荒れ狂う波。北斎の絵なくして、底知れない海の生命力を表すドビュッシーの名曲は生まれなかったかもしれません。
北斎
 東京・渋谷のギャラリー「TOM」館長・村山治江さんは、海外の人々に頼まれていました。欧米で「ビッグウエーブ(大波)」とよばれる北斎画を目の見えない人も味わえる、本をつくって、と。
 点字のように触って鑑賞する触察本です。触察本づくりで先を行く、フランスやイタリアの専門家と交流し始め6年。ことし、『手で見る北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」』ができ上がりました。「TOM」副館長の岩崎清さんらが、さまざまな分野の人の協力をえて完成させました。
 生まれた時から目の見えない人は、色のない世界に生きます。大波も、触って形を知るだけでは、静止しています。色の濃淡や盛り上がっては落ちてゆく波の力動感を、どう伝える。岩崎さんたちは、あちこち工夫をこらしました。
 「TOM」の名は、作家・演出家・画家、万能だった村山知義の絵の署名からとっています。彼の息子の亜土さんと治江さんの夫妻が、長男の次の一言に動かされて建てた美術館です。「ぼくたち盲人もロダンを見る権利がある」。『手で見る北斎』は、目の見えない人と見える人の壁を崩し、ともに名画を語りあえる社会への第一歩です。   
                  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

10月 6日(土)・伏見中学校体育大会 ※雨天は11日
    7日(日)・あやめ池小学校運動会 ※雨天は8日
   13日(土)・あやめ池幼稚園運動会 ※雨天は20日

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


しんぶん
  お申し込みは、松岡かつひこまで
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。