スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良女子大付属小学校6年生

012年9月25日(火) はれ

 9月議会で提案され、「予算決算委員会」に付託されている案件の「委員会採決」が行われました。
 日本共産党は、「一般会計決算」、「国民健康保険会計」「一般会計補正予算」「特殊勤務手当に関する条例の一部改正」の4案件については反対しました。本会議採決は28日に行われる予定です。
 各反対案件の理由については、28日の本会議で主張しますが、

「一般会計決算」・・・市民の暮らしを守り、地域経済を活性化させるという点では不充分であったこと。
「国民健康保険会計」・・・保険料の引き下げ努力なしに、保険料を引き上げたこと。
「一般会計補正予算」・・・市民課の窓口業務の民間委託が計上されているなど問題。
「特殊勤務手当に関する条例の一部改正」・・・特殊勤務手当の見直しには賛成だが、労働組合との協議も整っていない中で、財政削減効果も市民サービスへの影響等、不透明な部分がある。(以上、要約)という理由です。
 
 委員会採決では、日本共産党以外では一部の議員は「一部案件について反対」したものの、”賛成多数”で可決(認定)されました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 20日、奈良女子大付属小学校6年生の子どもたち2クラス76人が日本共産党本部を訪問しました。同校生徒の「消費税増税について」など、日本共産党の見解など、政治の問題を聞きたいとの要望で実現したものです。

女子大

 同校生徒は、朝から国会見学、そして民主党、自民党、みんなの党とまわり、最後に日本共産党本部への訪問と言うことです。

 日本共産党から30分ほどお話をして、同校生徒から質疑応答に30分という時間配分で、日本共産党からは「宮本たけし衆院議員(近畿ブロック比例)」が対応しました。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 質疑応答の場面では、出るわ出るわどんどん手が上がります。
 「法人税を引き下げると企業が海外に逃げていくのでは?」「復興財源と莫大な借金をどうやって返済するの?」からはじまり、「日米安保条約をどう考えるか?」「自然エネルギーをどうやって増やすか?」。さらには、「日本共産党はいいことを言っているのに支持率が伸びないのはなぜ?」等々・・・・大人顔負けの鋭い質問がバンバン出ます。

共産党本部          ● 日本共産党本部ビル 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 子どもたちは、しっかりとものを考え、自分の考えを述べる力をつけているのだということを確信させてもらった1時間でもありました。

 奈良女子大付属小学校のみなさん、引率の先生方、ありがとうございました。

 (宮本たけし衆院議員のブログより抜粋)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの潮流    

 「家は人間の生きる拠(よ)り所」―。東京都美術館で催されている「Arts&Life・生きるための家」展(30日まで)を見て、いろいろ考えさせられました。
 「生きるための家」というテーマで若手建築家から公募した、近未来の住まいの入選作を模型で展示しています。募集時期は昨年夏。当然ながら東日本大震災という重い現実を直視した作品が目を引きます。
 家とはなにか、鋭く問いかける作品群です。冒頭に紹介した「生きる拠り所」について考察した作品は、説明文で家がいかに大切なものであるかを説き、道路を工夫することで津波に強い街づくりを提案しています。
家 ● 「Arts&Life・生きるための家」展 
 新しい発想の仮設住宅の提案も。一刻も早く提供できることを考えた、折りたたみ式の住宅です。その作者が定義する仮設とは「失われてしまった生活と、これから再建される生活とをつなぐ住宅」。
 震災から1年半を経た現実はどうでしょう。本紙が実施した「被災者300人実態調査」では、仮設住宅について「夏は暑く、冬は寒い」「狭くて壁が薄い」などの声が圧倒的でした。避難生活のストレスで心身を痛めつけられ、被災者の4割が体調不良を訴える異常事態。
 新しい住まいへの見通しも暗い。住宅再建が困難と答えた人が76%にのぼります。生きる拠り所となる住まいの再建は、政治の大きな責任のはずです。生活や産業の再建に国の全面支援が引き続き必要と求める被災者が約9割。消費税を上げたり、政争にうつつを抜かしている場合ではないでしょう。   
                 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   9月議会の日程

 9月28日(金)・本会議最終日   

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定

10月 6日(土)・伏見中学校体育大会 ※雨天は11日
    7日(日)・あやめ池小学校運動会 ※雨天は8日
   13日(土)・あやめ池幼稚園運動会 ※雨天は20日

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


しんぶん
  お申し込みは、松岡かつひこまで



 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。