スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予算決算委員会厚生消防分科会

012年9月14日(金) くもり・ときどき雷雨

  予算決算委員会厚生消防分科会です。私の質問の「要旨」を紹介します。

DSCF5074.jpg

1、消防の特殊勤務手当てについて
(1)消防局には労働組合に変わる団体として、「消防職員委員会」があります。消防の「特殊勤務手当て改正」については、「合意」は得られているのでしょうか。
(3)「特殊勤務手当て」は、労使協議の結果の制度であります。もちろん、市民の理解が得られるものかどうかということも論を待たない。早急に決めるのではなく、時間をかけてでも、理解が得られるようにすべきではないでしょうか。

2、高齢者福祉(シルバーパス)について
(1)、よく「受益者負担」という言葉が使われるが、「福祉」と相容れないと考えるがどうか。
(2)、この間の高齢者負担(※参照)の一方で、利用率(平成21年2月、ワンコイン制導入前は80%以上の利用率)が激減(今年4月には同約50%まで低下)している。この実態をどう認識する。負担が重くなっている認識はあるか

DSCF5079.jpg

※ 自身で計算した「パネル」を紹介しました。内容は、75歳以上の単身者が、この4年間にどれだけの給付減(年金の引き下げ)、負担増(介護・後期高齢者医療費増)となっているかを試算したものです。


(4)、我が党は、「元に戻せ」と主張していますが、せめて「乗り継ぎも含めて100円」など見直しする考えはないか。

3、保育行政について
(1)、待機児童解消のためには、「ステーション方式」なども有効ではないかとの問いに、部長は、「あらゆる方策を検討し取り組んでいきたい」(要約)と答えました。
 「ステーション方式」とは、駅前などに保護者が子どもを連れて行き、バスなどに乗せ、保育所を回り、子どもたちを下ろしていくシステムです。
厚生労働省に夜と、「近隣に入所可能な保育所が見つからない児童に対し、自宅から遠距離にある保育所でも通所を可能にする」として、送迎バスの購入や、運転手・付き添い保育士の賃金、送迎センター実施場所の賃借料の半分を国が補助します。」としています。
 いくつかの自治体で導入されていますが、問題は、
●送迎バスを利用する保護者と、担任の保育士が顔を合わせる機会がない。当然、保育士が家庭の様子を伺うことが難しくなっている。
●「週に2回は顔を出して」とお願いしますが、遠距離に住む保護者の大きな負担になる。
●送迎バスの仕様は「幼稚園バス」と同じですから、急ブレーキの際、床に足がつかず、自らを支えきれない子どもがいて危険。などが出されています。
そこで伺います。子どもの安全、保護者の安心、そして、なによりも保育の質の向上のためには、身近な地域に保育所の建設しか方法はないと思いますが、ステーション方式についての部長の認識をお聞かせ下さい。

4、介護保険制度について
高い介護保険料を引き下げる取り組みが各地で広がっています。低所得者に対する保険料の減免も必要ではないかと考えますが、お答え下さい。

などでした。
    
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流    

 ちょうど200年前の9月14日、ナポレオン軍はモスクワに入城しました。しかし、街の大半が火事で焼けます。宿も食料も欠くナポレオン軍は、1カ月あまりで撤退に追い込まれます。
 ナポレオンは、自分の宣伝にたけた人でした。戦場での成功を大げさに伝え、失敗は他人のせいにしてしまう。絵、彫刻や硬貨に雄姿を描かせ、自分を伝説にかえる…。
 彼は、フランス革命を輸出する戦争で自由・平等の旗手のようにふるまい、国内では自分に反対する新聞の発行を禁じるなど独裁者になりあがります。1804年、皇帝に。
ベートーベン
 革命の守り手ナポレオンへの期待が裏切られた、作曲家ベートーベンの怒りの言葉が有名です。「彼もまた人間のすべての権利を足元に踏みにじるのか。自分の名誉心にのみ仕えようとするのか。すべての他の者よりも一段高いところに自分を置くだろう」。
 ナポレオン後、広く人に伝える手段を利用し自分を一段高いところの大物のように宣伝する、独裁者ゆずりの政治家が相次いで登場します。「日本維新の会」の橋下大阪市長も、その末端の一人でしょう。過激な発言を絶やさない。テレビ・新聞がもてはやし、英雄扱いする。“人気”をあてこみ群がる政治家に、政見の踏み絵をふませ、認めたら仲間にしてやると大物ぶる。
 盛んに「民意」を口にしながら、市民から募った意見に「政策は左右されない」と語り、市民に奉仕する職員を市長の下僕にかえる橋下氏。ベートーベンの怒りの言葉は、彼をも撃ちます。 
                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定
 
   9月議会の日程

 9月18日(火)・予算決算委員会市民環境分科会、市民環境委員会
   19日(水)・予算決算委員会建設分科会、建設委員会
   20日(木)・予算決算委員会総務分科会、総務委員会
   21日(金)・予算決算委員会観光文教水道分科会、観光文教水道委員会
   24日(月)・委員会予備日
   25日(火)・市長総括質疑
   26日(水)・委員会予備日
   28日(金)・本会議最終日   

      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。