スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育の「ステーション方式」?

012年9月11日(火) あめ・のちはれ

 秋雨前線の影響でしょうか、朝方から雨です。午前中に上がりましたが、蒸し暑い。
 明日から、しばらく暑い日が続きそうです。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 民主党の議員が「子育て支援=保育所の待機児童」の関係で質問に立ちました。
 「待機児童の解消は急務。保育所の建設(誘致)も大事だが、、”ステーション方式”等による解消も考えるべきではないか」と求めます。

hoikuen[1]        ● ステーション方式でバスに乗り込む子ども達(千葉県ホームページより)
 
 「ステーション方式」とは、駅前等の場所に子どもを集め(保護者が連れてきて)、バスに乗せ、保育所回りをしながら子どもを預かるやり方です。

 すでに、民主党政権のもと”待機児童解消”の目玉として進められてきました。いくつかの自治体で施行されています。
 しかし、課題・問題点が浮き彫りになっています。

 千葉県流山市の場合、
1、バスは「保育園児用」で、シートベルトもないので、危険。
2、バスの中は「保育所」ではないので、その時間帯は誰が責任をもつのか。
3、保育所・保育士と保護者の会話、自宅や園での様子がわからない。
4、待機児童はほとんどが0歳~3歳。ステーション方式をしても「待機児童の解消」にはならない。
などの問題が明らかとなっています。

 奈良市も同じような方向に行くのではないかと心配されます。
 委員会(議会)等で質したいと思います。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流    

 この夏、ロンドンにともり続けた聖火が静かに消えました。スポーツを通して、世界がひとつになったオリンピックとパラリンピック。心ときめかせたプレーの数々、あの笑顔や涙がまだ鮮明によみがえります。
鈴木選手 ● 鈴木徹選手
 発祥の地の大会は盛り上がりました。パラリンピックでは、障害者スポーツを競技として楽しみ、他国の選手も惜しみなくたたえる。大観衆の温かい拍手のなか、男子走り高跳びで自身最高の4位に入った鈴木徹選手は「気持ちよく跳べて楽しかった」。
 成熟した大会は選手の力を引き出します。日本の選手団も五輪では史上最多となる38個のメダル、パラリンピックでも前回と並ぶ金メダル5個をつかみとる奮闘ぶりでした。
閉会式 ● パラリンピック閉会式
 とはいえ、課題もはっきりとみえます。低迷した競技は指導や強化方法が根本から問われ、国の支援が届かない競技は落ち込んだまま。メダルの総数では大きく減らしたパラリンピックも、世界との差のひろがりを口にする選手は多い。
 「人間の可能性の極限を追求する有意義な営み」(スポーツ基本法)として位置づけられているトップスポーツ。選手たちの躍動する姿は、国民に夢と感動をあたえ、社会全体に活力をもたらします。
 その価値を守り、発展させていくことは国の責務でしょう。パラリンピックで忘れられない場面がありました。競泳でメダルをとった日本とスペインの選手が車いすにのり、手をつないで表彰台を後にする―。あらゆる壁をのりこえていく、そこにもスポーツの魅力があります。
                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定
 
   9月議会の日程

 9月12日(水)・本会議(一般質問)
          ※朝、2番目に私が本会議質問に立ちます。
   14日(金)・予算決算委員会厚生消防分科会、厚生消防委員会
          ※私も、分科会・委員会質問に立ちます。
   18日(火)・予算決算委員会市民環境分科会、市民環境委員会
   19日(水)・予算決算委員会建設分科会、建設委員会
   20日(木)・予算決算委員会総務分科会、総務委員会
   21日(金)・予算決算委員会観光文教水道分科会、観光文教水道委員会
   24日(月)・委員会予備日
   25日(火)・市長総括質疑
   26日(水)・委員会予備日
   28日(金)・本会議最終日   

      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。