スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料集め・・・から

012年8月29日(水) くもり・ときどきあめ

 質問準備が始まります。
 今9月議会の私のテーマは、「高齢者・障がい者等社会的弱者に対する福祉の拡充」「子ども・子育て新システム」「大災害対策」にしたいと思います。

ペン

 まずは、資料集め、文献の学習、先進市の事例・教訓調査、関係法令の調査・学習、そして、なによりも現場の視察・声集め・・・・。

 時間が欲しい・・・・。(もっと早くから”準備”すればいいのだけれど・・・・)
   
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

   きょうの潮流   

 「人間は、本来ごうまんにつくられており、高い地位につくと必然のように専制に向かってゆく」。18世紀フランス大革命期の指導者の一人、バルレーという人が残した言葉です。
 人民の人権を保障するとともに、専制に向かいがちな権力の乱用を防ぐ。君主が権力をほしいままにして人の権利を押しつぶしてきた過去を顧み、後戻りしないよう自戒し、近代の民主政治は始まりました。
 国民の代表が集まる議会は、民主政治のかなめです。三権分立など、乱用を防ぐしくみが編み出されました。しかし、新たな専制や独裁への誘惑はたえません。議会を利用して独裁をめざす者も現れます。
 「われわれは、議会という民主主義の兵器廠(しょう)の中に入り込み、われわれを民主主義そのものの兵器で武装するのだ」。ドイツ・ナチ党の宣伝局長ゲッベルスの言葉です。ナチ党は、国民の不満を巧みにとりこみ、選挙で勝って独裁へまっしぐら。民主主義を、民主主義自身の助けを借りて「まひさせる」(ゲッベルス)。
衆院 ●(写真)衆院議員定数を削減する法案が議題とされ、抗議の退席をする野党=28日、衆院本会議
 さて、いまの日本。国会は、法律をつくったり権力を監視し乱用を防いだりする役目をもち、首相を選び、憲法の改正も提案できる「国権の最高機関」です。議員の数をばっさり減らせば、「最高機関」の独自の力をそぎ落とします。
 国政への進出をめざし、衆院の定数を半分に削るという大阪維新の会。代表の橋下大阪市長はいいます。「強制的に物事が決まるルールをつくらないと…」。バルレーやゲッベルスの言葉を思い起こします。 
             
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定


 9月 4日(火)・9月議会開会
    8日(土)・前県会議員田中美智子さんを偲ぶ会
    9日(日)・日本共産党創立90周年記念レセプション
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。