スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月議会「シュミレーション」

012年8月24日(金) はれ

DSCF4952.jpg

 議会制度検討特別委員会の協議のなかで、6月議会から本会議に提案されている「案件」は本会議終了後「委員会付託」されました。(「予算(補正も含む)」を伴う「案件」は「常任委員会分科会」を行うことになっていますが、「試行期間」と言うこともあり、6月議会では「分科会」は行っていません。)

DSCF4950.jpg

 9月議会から「常任委員会分科会」が試行実施されるとともに、「決算委員会」も開かれることになります。どのような「タイムスケジュール」で行うのか、「資料要求」はどのような形で行うのか・・・。今日は全議員の”学習会”が行われました。

■ これまでの流れ
1、内示会(提出予定案件説明)=全議員
2、開会(議案提案・説明)=全議員  
3、本会議代表・一般質問 =代表質問は各会派(1時間)、一般質問は議員1人あたり15分
 (共産党は7人で105分なので、3議員(1人35分)が質問していた)
4、決算委員の任命(日本共産党は2人)
5、決算資料要求 (決算委員のみ要求できた)
6、決算委員会・市長総括質疑、委員会採決 (決算良いのみ)
7、本会議での委員会報告と本会議採決(全議員)

■ 今9月議会の流れ
1、内示会(提出予定案件説明)=全議員
2、開会(議案提案・説明)=全議員  
3、本会議代表・一般質問 =代表質問は各会派(1時間)、一般質問は議員1人あたり15分
 (共産党は6人で90分なので、何人するか検討中)
4、資料要求(議員全員が要求できます)
5、決算分科会(常任委員会単位で「決算審査」)・常任委員会(提案議案についての質疑)=5日間あります。
6、分科会・常任委員会採決
7、市長総括質疑
8、本会議での分科会・常任委員会報告と本会議採決(全議員)
となります。
 
 今回も「試行」ですので、問題点・改善点なども明らかになると思いますが、どうも質問時間が短く、掘り下げて「質疑」できるか心配です。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF4948.jpg

 市民・市職員から「どうなってるんですか?」と聞かれます。
 吉川議員の離党・会派離脱の件です。

 市民・市の管理職・職員の多くは「なぜ?」と心配してくれます。同時に、「ありえないでしょう。支持者への”説明”はどうするの?」との声も共通しています。

 昨日の「松岡かつひこブログ」でも「声明」(市会議員団・奈良地区常任委員会連名)を紹介しましたが、それ以上でもそれ以下でもありません。
 「ご心配をおかけし、申し訳ありません。今まで以上に頑張っていきます。」と(「声明」も紹介し)お答えしています。 

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

   きょうの潮流   

 日本軍「慰安婦」の事実を否定しようとした橋下徹大阪市長の暴言は、自らを悪質な詭弁(きべん)を弄(ろう)する人物だとさらけ出したようなものです。
 「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れて来られたという証拠はない。あるなら韓国に出してもらいたい」。官憲による奴隷狩りのように連行されたケースだけが問題であるかのようにいうのは恐るべき人権感覚です。
 ●訴える宋神道さん慰安婦
 実態は、多くの犠牲者が証言しているように、「仕事に就ける」「お金が稼げる」とだまして連れ出され、慰安所に閉じ込めて逃げられないようにされて、日本軍兵士の相手をさせられたのです。まさに性奴隷です。
 もちろん腕ずくで連れ去られたと証言する女性もいます。例えば、自宅近くで友だちとゴム跳び遊びをしていた14歳の少女は、突然現れた「巡査と軍人」が乗った車にさらわれました。「私は足をドンドン踏み鳴らし、降ろしてほしいと哀願した。でも、彼らはそんなことには耳も貸さず、泣いたら降ろしてやらないといい、矢のように走りつづけた」(キム・ユンシム著『海南(ヘナム)の空へ』現代書館発売)。
へナムの空へ ●キム・ユンシム著『海南(ヘナム)の空へ』現代書館発売
 以前、暴力や脅迫による連行を「狭義の強制」として、それはなかったと強弁した安倍晋三首相は国際社会から総スカンでした。
 米国下院本会議は異例にも「慰安婦」決議を採択し、日本政府と首相に責任を認め公式な謝罪をと求めました。「狭義」うんぬんには一顧だにしませんでした。それが常識です。それさえわきまえない橋下・「維新の会」に国政を語る資格はありません。
             
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。