スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方議員研修会

012年8月22日(水) はれ

DSCF4931.jpg

 日本共産党奈良県地方議員(県市町村議員)の研修会が、今日、明日の二日間にかけて行われます。
 奈良県社会教育センター(葛城市)です。

DSCF4926.jpg

DSCF4919.jpg

 初日は、「地方自治体のあり方と公務労働」をテーマに行われました。
 講師は、金子邦彦氏(日本共産党中央委員会自治体局次長)です。

DSCF4922.jpg

 研修場所の環境もいい、講師もいい。しっかりと頭に入りました。
 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

   きょうの潮流   

 おめでとうー、ありがとうー。ロンドン五輪のメダリストたちが集結し、約50万人が感動を共有した銀座のパレード。炎天下のなか、あの興奮をもう一度と、沿道をうめた人々の熱気が華やぐ街に満ちあふれました。
卓球
 オープンカーで先導したレスリング女子3連覇の吉田沙保里選手は「こんなにたくさんの人が応援してくれたんだと思った。ありがとうの気持ちを伝えられてよかった」。
 サッカー女子で銀メダルを手にした沢穂希選手は「一生かかっても見ることができないくらいの数の人を一気に見た。感動して涙がでた」。
 陸上男子ハンマー投げで銅メダルの室伏広治選手は「祈・被災地復活」の手書きのメッセージを掲げました。「2大会ぶりにメダルを獲得できた自分自身の復活と被災地への思いをかけあわせた」。
室伏
 短い時間ながら、それぞれの思いをこめて手を振りつづけた選手たち。そのプレーに心を動かされたことへの感謝を大歓声にかえた多くの国民。スポーツの、人と人を結びつける大きな力を感じます。一方で、これを好機と2020年夏季五輪の東京招致をアピールする動きも目立っています。
 じかに、オリンピックの興奮と感動を味わいたいという気持ちはわかります。しかし世界に訴える開催理念もなく、施設計画も問題がある招致では、人々の思いもバラバラになってしまいます。国立競技場の改築も都営住宅の立ち退きが前提で、資金調達にサッカーくじを拡大する動きもあります。熱気のなかにも冷静さが必要です。
            
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月24日(金)・議会制度検討特別委員会
   26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。