スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特殊勤務手当」視察

012年8月20日(月) はれ 

 9月議会で「提案」される予定の「特殊勤務手当『改正』」。
 今日は、火葬場、消防局、環境部に「視察」に行ってきました。

 内容は、明日紹介します。
 (いろいろあって疲れました。すみません。)
  
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 三陸からおいしい便りが届きました。宮城県気仙沼市で水産加工業と観光業を営む「阿部長商店」が発行した季刊誌『三陸とれどき』の創刊号です。
気仙沼
 「水揚げ量は3分の1に減ったけれど…とれたて、できたて旬の味を三陸・気仙沼から」と巻頭言。同社のグルメ紹介も兼ねておりサンマ、フカヒレなど、地元特産のうまいものがずらり。
 よくぞここまで再建を。感慨深く同社の阿部秦浩社長との出会いに思いをはせました。震災直後、甚大な被害を受けた従業員800人の地元有数企業が、1人も解雇せず再起をめざしていると知り、社長を訪ねました。
社長 ● 阿部長商店社長
 本社も工場も自宅も津波に流され、残った自社ホテルに陣取り、再建の指揮をとっていた阿部社長。顔には疲労の色が濃く浮かんでいたものの、言葉には強い信念が。「人を減らすかどうか悩みました。しかし、働き口がなくなると、人はこの地域を去ってしまう。水産加工にとって人は財産なのです」。
 被災地では、同様に従業員のため地域のためにと奮闘する経営者が多数います。一方、大企業のソニーは、震災直後に仙台工場のリストラ計画を発表。日本共産党の山下芳生参院議員が、阿部長商店と対比して国会で厳しく追及したことも。
 政府が5月に発表した水産白書では、被災漁港のうち97%が水産物の陸揚げ可能に。しかし、いまだに道のりは険しい。1年後の今年3月、再会した阿部社長の言葉も耳に残りました。「現状はまだ大変です。もう少し、弱者に手を差し伸べてほしい」
            
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月24日(金)・議会制度検討特別委員会
   26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。