スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆

012年8月16日(木) はれ 

DSCF4845.jpg            ●市役所3階(お昼休み中で照明も消しています)

 お盆休みです(私は「お盆休み」はないですが)。
 もちろん、公務員も”お盆休み”はありません(各自、夏季休暇を取っていますが)。

 しかし、役所の窓口は”閑散”としています。
  
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 お盆休みは、一般的には15日前後でしょうが、多くの会社では13日~16日が多いようです。
 お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる、祖先の霊を祀る一連の行事で、「墓参り」に出かけるのも”習わし”だと言えます。

 お盆は、一般に仏教の行事と認識されていますが、仏教の教義で説明できない部分も多いと言われています。古神道における先祖供養の儀式や神事を、江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行う事も強制し、仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たとされています。 

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 ことしは、国連が定めた「国際協同組合年」です。合言葉は「協同組合はよりよい世界をつくる」。いま世界で10億人ほどが、農協や生協などに入っています。
 協同組合は、利益をめあてにせず、人々の自治で成り立ちます。貧困をなくし、経済・社会をゆたかに発展させるため、協同組合の役割をもっと大きくしよう―。国際年が設けられた、わけのあらましです。
青山支店 ●城南信用金庫青山支店
 東京の城南信用金庫の理事長・吉原毅さんは、「脱原発」を協同組合の使命から説き起こします。信用金庫は、お金より人を大切にする協同組合の一つだから。『城南信用金庫の「脱原発」宣言』(クレヨンハウス)にくわしい。
 福島の事故が起こり、最初は手も足も出なかったという吉原さん。しかし20日後、城南信金は宣言します。「原発に頼らない安心できる社会へ」。もし東京で原発事故が起きたら…。と考えると、ごく当たり前の結論でした。
理事長 ●理事長・吉原毅さん
 矢継ぎ早に実行します。もっていた東京電力の株・社債をすべて売り払う。社内の電気の消費を4分の1減らす。節電を促す貸付や預金の開発…。省エネ設備を入れる会社向けローンは1年間金利0で、「原発をなくすためには、多少の赤字を覚悟してでも」と決意を示しました。
 吉原さんは、お金の魔力を語ります。人の心を惑わせ、暴走させ、大切なことを忘れさせる金。政府や電力会社は、その魔力で政治家や学者を「原子力村」に囲って「安全神話」をふりまき、なにより大切な「命」「人間」を忘れさせようとしました。
            
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
   26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。