スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールも少なくなって・・・・

012年8月14日(火) 雷雨・豪雨・ときどきくもり 

 奈良市内でも、他府県ナンバーの車が目立ちます。お盆で帰省の方たちでしょうか。

せみとり

 議会棟の正面玄関で。小学生の男児が「蝉とり」をしています。
 京都府に小学校に通う男児は、夏休みで奈良市に来ているらしい・・・。

 「たくさん取れたの?」。
 「ん~~。そこそこ。クマゼミ2匹と、アブラゼミがそこそこ・・・。その内、オスが2匹で、あとはメス」。
 ん?・・・・・「オス・メスってよく知ってるね。詳しいの?」。
 「だってオスは啼くけど、メスは啼かない」。

 見ると、虫かごいっぱいに「セミ」が入っていました。いい夏休みの思い出になればと思います。
 
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奈良市生涯        ●西部生涯スポーツセンター

 夏休みと言えば、プール。
 奈良市内のプールは次第に姿を消しつつあります。

 県営プールをはじめ、あやめ池遊園地、奈良ドリームランド、平城プールなどが次々に閉鎖され、今では青山プール(屋外)、西部生涯スポーツセンタープール(屋内)、総合福祉センター(同)、月ヶ瀬などとともにホテルに併設されたプール(奈良パークホテルなど)があるだけとなっています。

 奈良は海に面していない数少ない県のひとつ。それだけに、子どもたちにその機会をつくってあげたいと思いますが・・・。

 【プールのご案内です】
● 青山プール 午前の部 大人300円 小人150円
        午後の部 大人400円 小人200円
  ※ 今年は「午後の部」は節電応援キャンペーンで「無料」となっています。9月2日まで。

● 西部生涯スポーツセンター 2時間以内大人800円 
                    小人400円  
  ※ 2時間を越えると30分につき大人200円、小人100円が必要です。

● 総合福祉センタープール 1回600円
  ※ 障がい者団体等の利用(教室など)が組み込まれているため、常時開放しているわけではありません。事前の確認が必要です。          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そういや、市内には「映画館」がひとつも無い。
 高齢者にとっても過ごしにくい”街”のような気もします。
 以前は、シルバーパス=老春手帳を使って「映画館・友楽」の入館券がありました(手帳所持の方に、3ヵ月で5枚の無料入館券を交付=奈良市が補助)。が、この制度も平成20年10月に廃止されましたし、その影響もあいまって平成22年1月に「友楽」も閉館に追い込まれ?ました。

友楽           ●「友楽」(当時)

 高の原のイオン内にある「マイカル」(映画館)もありますが、所在は京都府。
 (※「マイカル」は通常、入館料大人1800円ですが、「60歳以上」と言えば(口頭でも良い)1000円になります)

 「文化」に貧しい奈良市の象徴と言えなくも無いです。  
 
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 真夏の盛りとともにスポーツの宴が終わりました。深夜から明け方のテレビにかじりつき、味わった興奮や感動。その熱狂がすぎさると、祭りの後のようなさびしさも漂います。
 世界が楽しむ人類の競演とはいえ、そこはスポーツの世界。白黒の色分けは鮮明です。歓喜の勝者も、傷心の敗者も、いまは4年に1度のオリンピックの余韻にひたっているのでしょうか。
村田●村田諒太選手
 トップアスリートたちが織りなす妙技と力技の数々は、雄弁にそれを生み出すまでの過程を物語ります。そして培ったものを出し切ったあとの言葉も含蓄にとんでいました。
 ボクシングの男子ミドル級で初めて金メダルを手にした村田諒太選手。「他の人より少し才能があり、少し努力をしただけ。これがゴールだと思えば泣き崩れていたかもしれないが、これ(金メダル)がぼくの価値ではない。これからの人生がぼくの価値。恥じないように生きていく」。淡々と。
自転車●片山梨絵選手(写真:Tim De Waele/アフロ)
 体操の男子個人総合を制した内村航平選手は「自分の力だけではここまでこられなかった。感謝の気持ちでいっぱい。一番大きい試合の一番いい色のメダルを取ったが、満足していない。あしたからは過去になる。自分には理想があるし、それを達成しても終着点ではない」。
 目標には届かなかった選手も、「この4年間の挑戦はこれからの人生に絶対生きる(自転車女子・片山梨絵選手)」。その前向きさが、次のステップを築いていくはずです。選手たちの健闘をたたえつつ、早くも4年後のリオ五輪を待ちたい。
           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
   26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。